ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

編集部が厳選! 100均お役立ちキッチンツール4選

スリムクッキングヘラ|セリア
お次はこちら、スプーンとヘラの中間のような形状の「スリムクッキングヘラ」。この絶妙なサイズがジャムをビンからすくったり、塗ったりするのに大活躍!

先端の片側がカーブ、片側が角に加工されているのでビンの底までしっかりすくえる。持ち手にはくぼみがついているので持ちやすく、とても100円とは思えない小技の光るクオリティだ。
ヘラの先がカーブと直角になっているので、どんな形状の容器でもフィットする スリムクッキングヘラ|セリア

ヘラの先がカーブと直角になっているので、どんな形状の容器でもフィットする

また、重要なのは継ぎ目のない一体型だということ。継ぎ目があると、汚れが入り込んで不衛生だったり、力を入れると取れてしまったりと何かと不便なのだ。
「あとちょっと」ジャムが残ったビン スリムクッキングヘラ|セリア

「あとちょっと」ジャムが残ったビン

さて、スリムクッキングヘラの実力を実証するため、「あとちょっと」ジャムが残ったビンを用意した。このくらいの残量になると、キレイにすくいきれずにこのまま処分しがち。
スプーンですくってみる スリムクッキングヘラ|セリア

スプーンですくってみる

まずは、いつも通りスプーンですくってみる。底に残っていたジャムはすくえるが、角に残ったジャムはとりきれない。
まだまだ残っている スリムクッキングヘラ|セリア

まだまだ残っている

いつもならこのくらいになれば、「使い切った」と判断して処分してしまう。さあ、スリムクッキングヘラだとどうだろう。
スリムクッキングヘラですくってみる スリムクッキングヘラ|セリア

スリムクッキングヘラですくってみる

やはり、先の形状と絶妙なサイズのおかげで角にもぴたりとフィットする。わずかにスプーンのようにカーブしているので、すくいとったジャムもしっかりキャッチできる。
こんなにきれいにすくえた! スリムクッキングヘラ|セリア

こんなにきれいにすくえた!
スプーンではすくいきれなかったジャムも、すっかりきれいにすくうことができた。一家に1本どころか、数本は持っておきたいイチオシグッズだ。手を汚さずに粉がまぶせる! 小麦粉ふりふりストッカー

小麦粉ふりふりストッカー|キャンドゥ

小麦粉ふりふりストッカー|キャンドゥ
次に紹介するのは「小麦粉ふりふりストッカー」。

料理の下ごしらえやお菓子作りで度々登場する、小麦粉や片栗粉をまぶす工程。手が汚れたり、粉がこぼれたり、意外と手間がかかるのだ。そんな粉ふり作業をラクにするのがこのアイテム!
手を汚さずササッと粉がふれる 小麦粉ふりふりストッカー|キャンドゥ

手を汚さずササッと粉がふれる

使い方は、容器に粉を入れてキャップをし、サッとふるだけ。手を汚さずに、まんべんなく粉をまぶすことができる。
目の細かいメッシュキャップ 小麦粉ふりふりストッカー|キャンドゥ

目の細かいメッシュキャップ

このアイテムのポイントは、メッシュ状のキャップ。このメッシュを通すことで粉がふるわれ、ドバッと一度に出ることなく均一にまぶせるのだ。
料理の下ごしらえ用に小麦粉を入れたり、片栗粉を入れたり、パンを作る人なら手粉を入れると便利。また、スイーツの仕上げ用に粉糖を入れてふってもいいだろう。[おまけ]すりたての香りは格別! 卓上ごますり器

卓上ごますり器|キャンドゥ

卓上ごますり器|キャンドゥ
以上で4つ紹介してきたが、最後にもう一つおまけに紹介したいのが「卓上ごますり器」。一般的な赤色の卓上ごますり器をすでにお持ちであれば、この記事は飛ばしてくださいな。

前のページ 1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。