ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイソー激安イヤホンがまさかの高音質に大変身

ダイソー激安イヤホンがまさかの高音質に大変身

高音質で音楽を楽しみたければ、高級スピーカーや高級イヤホンを用意する必要があります。しかし、そんなものに数万円もお金を出せるのは一部の選ばれし者のみ。一般庶民は100円ショップのダイソーイヤホンでガマンするしかありません。そこで、ダイソーの激安イヤホンを高音質化する方法を紹介しましょう。

ダイソーイヤホンは低音がスカスカ

ダイソーの216円イヤホンは、ボール・カップ・ラウンドの3タイプあります。そして、ダイソーイヤホンはあるセッティングをすることで、まるで3万円超えの高級イヤホンのような音質に大変身させられるのです。

まずは、ダイソーイヤホンの実力をチェックしてみましょう。聞いてみると低音が軽くスカスカで、全体的にこもった印象です。お世辞にも音質が良いとはいえません。

そこで利用するのが、メディアプレーヤーアプリなどに搭載されているイコライザ機能です! 中音域(900Hz程度)を限界まで下げ、逆に高音域は上げます。低音はブーストしてみましょう。この高音質化テクによって話題になり、売り切れ店が続出しているとか…。

ダイソーイヤホンの音質が劇的向上

今回、使用したのは無料アプリ「Onkyo HP Player」です。最初に使用機種を問われるので「other」を選択。聞きたい曲を選びます。イコライザを中音域を下げ、低音と高音を上げるように調整するのです。

ダイソーイヤホンのこもっていた音質は改善され、全体的に解像度の高いクリアな音質に変化しました。スカスカだった低音もしっかりと鳴るようになり、216円とは思えない驚きのビフォーアフターです!

実際に、ダイソーイヤホンと「Klipsch X12i」(実勢価格32,400円)を聞き比べると「Klipschと同程度は言い過ぎかもしれないが、かなりいい線」でした。メディアプレーヤーアプリ搭載のイコライザでチューニングすることで、音質が劇的に向上することは間違いありません。ダイソーイヤホンで十分満足です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。