体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本一インド人が多い街・西葛西でリトル・インディアを体感してみた

東京都江戸川区の南に位置し、東京メトロ東西線で都心から約15分と好アクセスな街・西葛西。近年インド人が多く住み始めており、“リトルインディア”なんて呼び名がついているという。

日本一インド人が多い街として名を馳せつつある西葛西の街の様子はどんな感じなのか。編集部が現地に出向いて調査してみた!
西葛西ではインドの国旗をよく見かける

西葛西ではインドの国旗をよく見かける西葛西ってどんな街?

広々とした緑地やレクリエーション公園が点在する閑静な住宅街としてファミリー層に人気の街・西葛西。駅高架下の「西葛西メトロセンター」には、全長約900mにわたって飲食店、保育園、100円ショップ、美容室など50店舗以上が軒を連ね、駅北口そばには24時間営業のスーパー「ワイズマート」もある。都バスは葛西臨海公園行き、両国駅行き、亀戸駅行きなど10路線が発着している。

西葛西駅南口から徒歩すぐの総合レクリエーション公園にはさまざまな遊び場が集結

西葛西駅南口から徒歩すぐの総合レクリエーション公園にはさまざまな遊び場が集結
ウォーキングや散歩にぴったりの遊歩道もある|西葛西

ウォーキングや散歩にぴったりの遊歩道もある
なんだかわくわくしてしまう西葛西メトロセンターにはコンビニ、ファミレス、音楽スタジオまでそろっている

なんだかわくわくしてしまう西葛西メトロセンターにはコンビニやファミレスがズラリ
24時間営業のスーパー・ワイズマートは西葛西駅北口の目の前

24時間営業のスーパー・ワイズマートは西葛西駅北口の目の前!
西葛西駅南口のバスロータリーはバスだらけ。どうやら西葛西の人たちは電車と同じくらいバスを利用するようだ

西葛西駅南口のバスロータリーはバスだらけ。どうやら西葛西の人たちは電車と同じくらいバスを利用するようだ西葛西が日本一インド人が多い理由

その「西葛西」では近年インド人が急増している。江戸川区内に居住するインド人は2,840人(江戸川区統計・平成28年1月時点)で、その大半が西葛西エリアで暮らしているとのこと。日本に在留するインド人30,048人(政府統計・平成29年6月時点)の1割に迫る数値だ。

インド人が「西葛西」に集まるのは〝ビジネス街にアクセスしやすい〟から。来日するインド人の多くは金融系ITエンジニアゆえ、大手町、茅場町、日本橋に乗換なしで通える「西葛西」は便利なのだ。

そして、40年前から「西葛西」で暮らしているジャグモハン・チャンドラニさんの存在も大きい。東京におけるインド人コミュニティーの〝お父さん〟として、多くのインド人がチャンドラニさんを頼って来日している。

かくして「西葛西」に形成された〝リトル・インディア〟だが、横浜中華街や新大久保コリアンタウンなどのように観光地化していない。

エリア内にはインド料理店や食材店も点在しているが、それらはあくまで彼らの生活の一部だ。日本人向けに商売していないため、店によっては日本語が全く通じないスタッフもいたりするが、そんなところに日本人はリトル・インディアを感じてしまう。

それでは、実際に「西葛西」を歩いて訪ねたリトル・インディアなスポットを紹介しよう。西葛西のリトルインディアなスポット〝インド人コミュニティーの父〟が営む紅茶専門店「シャンティ紅茶」

〝インド人コミュニティーの父〟として慕われるジャグモハン・チャンドラニさんが営む貿易会社のアンテナショップ。

業務用に取り扱っている常時300種以上のインド直輸入紅茶やフレーバーティーなどの中から数十種を厳選し、スタイリッシュにパッケージングして一般販売している。ギフトに最適な季節限定品もある。

住所:東京都江戸川区西葛西3-3-15
HP:http://www.shanti-jbs.com
シャンティ紅茶。この日は日本人女性が接客してくれた

シャンティ紅茶。この日は日本人女性が接客してくれた
ズラリと並んだフレーバーティーに目移り必至!|シャンティ紅茶

ズラリと並んだフレーバーティーに目移り必至!
マサラ・チャイが自宅で手作りできるセットも! 濃厚でおいしい|シャンティ紅茶

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。