ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好奇心をとことん刺激する、未来の車「イメージ動画」

好奇心をとことん刺激する、未来の車「イメージ動画」

「LA Auto Show’s」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、オートモビリティー「oiio」です。

イメージ動画は、まさにSFの世界。自動車と呼ぶのも少しためらってしまう奇抜なデザインです。

あくまでも構想ですが、もし実現したら…と想像力を掻き立てられる内容をお届け。

3つのパーツに分かれた
透明な「自動車」

好奇心をとことん刺激する、未来の車「イメージ動画」好奇心をとことん刺激する、未来の車「イメージ動画」

彼らが提案したのは、そもそも現在の自動車を「人が入るための透明なキャビン」「動力となる車輪付きモーター」、そして「垂直移動用モーター」の3分割にしてみてはどうか?ということ。

同じルートを上下左右に行き来し続けるモーターに、キャビンが取り付けられることで移動を可能にする仕組みのようです。エンジンをシェアする感覚に近いかもしれません。好奇心をとことん刺激する、未来の車「イメージ動画」

すみません。先ほど、さらっと「垂直移動用」と書いてしまいました。そう、従来の横方向に加えて縦方向の移動をも可能にするのが、本構想の大きな特徴なのです。

もし実現した場合、街の道路はこのように変化するのではないかというイメージもあわせて発表されています。好奇心をとことん刺激する、未来の車「イメージ動画」

少しわかりづらいですが、多くの白い粒のようなものが「oiio」。壁面道路を上ったり下りたりして移動します。

ロサンゼルスなどはアメリカ国内でも渋滞の多い街と言われていますが、このシステムが導入されれば解決へと向かう可能性も?好奇心をとことん刺激する、未来の車「イメージ動画」

近年はさまざまな未来の車が提案されますが、中でも一際異彩を放つ「oiio」。それを「未来」と呼べるのは今だけで、近い将来に私たちの生活に浸透していることも否定はできません。

最後に、上で説明した仕組みがいまいちイメージしづらい、という人も多いと思うので動画をどうぞ。こんなこと言うと元も子もないのですが、こちらのほうが圧倒的にわかりやすいはず(苦笑)。Licensed material used with permission by oiio studio

関連記事リンク(外部サイト)

湖や海も道になる「水陸両用車」
自動運転の普及で、こんな「近未来」が実現するかも
ありそうでなかった「タテ移動する」自転車。その目的は…

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。