ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬におすすめの国内・海外旅行先20選

冬におすすめの国内・海外旅行先20選

大自然が創りだす奇跡の絶景や、冬限定の魅力的なイベントなど、冬の旅行は他の季節とは違う特別な楽しみがあるものです。冬休みや有給を通して、この時期に旅行を計画している人も多いのではないでしょうか?

冬ならではの景色を堪能するのも良し、芸術的なセンスを磨くも良し、おいしいグルメに舌鼓を打つのも良しと、楽しみがいっぱいの冬の旅行。

今回の記事では、冬におすすめの海外旅行先と国内旅行先、計20ヶ所を厳選してご紹介いたします。

 

おすすめの海外旅行先

ハワイ

photo by pixta

常夏の島といわれているハワイは、日本よりも湿度が少なく、1年を通じて過ごしやすい気候です。1年の間には雨季と乾季があり、暖かいですが「冬」もあります。

そんなハワイの冬の風物詩と言えば、なんと言ってもクジラ!12月~3月頃は、ザトウクジラの群れが出産や子育てのためにアラスカからハワイの海にやってきます。ぜひホエールウォッチングに参加してみましょう!

 

ニューカレドニア

photo by pixta

「天国に一番近い島」と言われているニューカレドニア。南半球にあるため季節は日本と逆で、特に旅行には冬がベストシーズンです。とにかく海が美しいので、ダイビングやシュノーケリングなどマリンスポーツ好きの方に特におすすめです。

 

ヴェネツィア (イタリア)

photo by pixabay

水の都として有名なヴェネツィアは、イタリアを代表する観光地の一つです。オフシーズンである冬は、宿泊費は夏の約半分以下、そして航空券もハイシーズンの2/3ほどと、高額になりがちなヨーロッパ旅行でも安くお得な旅ができます。

パリやロンドンに比べ緯度の低いイタリアは、冬も比較的過ごしやすくおすすめです。

 

トロント (カナダ)

N A T S U K I H I R O T Aさん(@_natsukihirota_)がシェアした投稿 – 12月 24, 2017 at 9:34午後 PST

カナダの冬は寒いですが、だからこそ雪景色がとっても美しいんです!特におすすめなのが、トロントのクリスマスマーケット!

ドイツの伝統的なクリスマスマーケットがモチーフとなっており、マーケットの敷地内に入るとまさにそこは別世界!クリスマス一色、おとぎの国に迷い込んだ感覚になります。

 

バリ島 (インドネシア)

photo by pixta

日本が冬の季節には、バリ島は実りの雨季を迎えます。12月にかけてのバリ島は雨季に入り、午後2時間か3時間はスコールに見舞われますが、午前中は気持ちのいい青空が広がり、スコールの後は空気が冷えて過ごしやすくなります。

またハイシーズンではないので、リーズナブルなお値段で行くことができおすすめです。

 

バルセロナ (スペイン)

photo by pixta

ガウディの珍しい建築スタイルで有名なバルセロナは、スペインの中でも特に人気の高い都市です。地中海性気候に属するバルセロナの気候は、一年を通して温暖で比較的天気がよく、冬も過ごしやすいのでおすすめです。

 

台北 (台湾)

photo by pixta

日本から3時間半で行ける台湾、台北。アジアの中で一番身近で過ごしやすい場所といえば、台北を挙げる人の多いでしょう。夜市や温泉など観光スポットも豊富で、しかも冬は雨の日が少なく、旅行しやすいのでおすすめです!

 

ウルル (オーストラリア)

photo by pixabay

オーストラリアで有名な観光スポットといえば、やはりエアーズロック(ウルル)!大陸のほぼ中央に位置する世界最大級の一枚岩で、自然と文化の複合世界遺産に登録されています。

この時期オーストラリアは、日本と真逆の季節なので夏になりますが、からっとして過ごしやすいので楽しい旅ができること間違いなしです!

 

グアム

photo by pixabay

グアムは12月からは乾季となるため、南国特有のスコールの回数が減り、南国ビーチリゾートへの旅行に適したシーズンとなります。この時期、日本ではなかなか味わえない南国気分をグアムで楽しみましょう!

 

シュトゥットガルト (ドイツ)

photo by pixta

クリスマスの本場はヨーロッパ!中でもドイツのクリスマスマーケットは、世界最大のものから最古のものまで、全国150ヶ所で開かれる一大イベントになっています。

その中でも「シュトゥットガルト」のクリスマスマーケットは、世界最大と称される大規模なもので、マルクト広場とシラー広場には数多くの屋台が並びます。

関連記事リンク(外部サイト)

墓地に幽霊、刑務所へ。世にも珍しい現地ツアー5選
20万円で行ける海外旅行先4選
世界一周した僕が考える「どの国が良かった?」と聞かれた時のベストアンサー
ツアー旅行の時代は終わった!ホステルを拠点にして自由に旅する6つのメリット

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy