ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昔ながらの製法で作られた「恵方巻き」と「いなりずし」

1月31日放送の「昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~」(テレビ東京系、午前11時40分~)では、埼玉県・秩父でお昼ご飯を調査した特集で、「武島家」(埼玉県秩父市)が紹介された。秩父鉄道直通(横瀬-御花畑)御花畑駅から徒歩4分ほどにある寿司屋だ。

看板商品として紹介された「いなりずし」(1個85円)は、近所の豆腐店に作ってもらった油揚げを、砂糖と醤油のみを店独自の配合にした特製のタレに3日間じっくりと漬け込んだ皮で酢飯を包んだ1品。
季節のものとして紹介された「恵方巻き」(1本420円)は、かんぴょう、桜でんぶ、刻んだ油揚げ、キュウリ、玉子焼きを巻いたボリュームのある1品だ。
まず「恵方巻き」からいただいた飯尾和樹さんは「うまい!おいしい!のりもよくていい香りで、おいしいですよ」と絶賛。続いて「いなりずし」をいただき「うまいね-!このお揚げのね、味が絶妙。沁みてますね。酢飯のね、丁度いいぐあい。おいしい。最高においしいですよ」とこちらも大絶賛だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:武島家(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:秩父・長瀞のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:寿司(すし)のお店紹介
ぐるなび検索:秩父・長瀞×寿司(すし)のお店一覧
昔ながらの製法で作られた「恵方巻き」と「いなりずし」
たっぷりのキャベツを使った広島お好み焼き「ソニア焼き」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy