体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢に見たようなオセアニアの秘境15選

夢に見たようなオセアニアの秘境15選

オセアニアも日本人の旅行先として人気の場所ですが、ここにも私たちの知らない秘境がまだまだあったのです。

ということで、今回は絶対に見てほしいオセアニアの秘境をご紹介します。

*編集部追記
2015年11月公開の記事に新たに5スポットを追記しました(2018/1/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

オセアニアに行ってみての感想

photo by pixabay

私は以前、ワーキングホリデービザを使ってオーストラリアに1年ほど滞在していました。想像通り、オーストラリアには雄大な自然観光スポットがたくさんあり、日本では見ることができないような素晴らしい景色を堪能することができました。

車でしか行けないような場所も多かったので、オーストラリアの秘境を満喫したいという方は、レンタカーを借りるか車を購入して回るのがおすすめです。

私はオーストラリアの真ん中に通る一本道、スチュワート・ハイウェイを南から北へ向かって移動したのですが、途中、デビルズマーブルやエアーズロックなど秘境感満載の景色を見れたり、自然豊かな国立公園でキャンプできたりと、非常に楽しい旅をすることができました。

私はあまりアウトドア派ではなかったのですが、オーストラリアの自然にはすっかり魅了され、帰る頃にはすっかりアウトドア好きになりました。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixabay

治安や物価は国によってまちまちですが、オーストラリアは基本的に日本より物価が高いです。スーパーで販売している食料品や果物は安いですが、外食やコンビニでの物の値段は高く、予算が少ないと、仕事をしなければ旅ができなくなる可能性もあります。

オーストラリアでは治安が悪いと感じることはほとんどありませんでしたが、例えばパプアニューギニアなどでは、外国人への強盗事件など凶悪犯罪が多発しているそうです。旅行する前には、国ごとに治安情報を調べておきましょう。

衛生面も国によってさまざまで、留学生が多いオーストラリアやニュージーランドは問題ありません。しかしながらバヌアツなどでは、感染症にかかる心配もあるそうです。

 

おすすめのベストスポット

デビルズマーブル

moeさん(@moeruuu)がシェアした投稿 – 12月 18, 2016 at 3:16午前 PST

私がおすすめするベストスポットは、デビルズマーブルです。ここは、スチュワート・ハイウェイを車で走っていると突如あらわれる奇岩群で、一体どうやって立っているんだろうと疑問に思うぐらい絶妙なバランスで、あちこちに岩が立っています。

しかもどれも大きな岩ばかりで、動かせるはずもないのに、まるで誰かがそこに置いたかのように立ち並んでいます。まさに奇妙としか言いようがありません。

 

180度に架かる虹。奇跡の島「ジープ島」(ミクロネシア)

Alonaさん(@alona_116)がシェアした投稿 – 1月 25, 2018 at 5:57午前 PST

ジープ島はミクロネシア連邦のトラック環礁の中にある島のひとつです。水面が空を映すキャンバスになるほど透明度の高い水、美しいサンゴと熱帯魚、ミナミハンドウイルカとハシナガイルカ2種類のイルカとの触れ合いなど心揺さぶる出会いが多くあります。

またこの島では180度に架かる虹を見ることができます。360度見渡す限り海という小さな島でみる虹は時間がとまったように感じることでしょう。

 

16億年前から存在する!?デビルズマーブル(オーストラリア)

デビルズマーブル

photo by Alessandro

アリススプリングスから北に400kmほど行った場所にある奇岩群です。1m大の物から数m大の物まで何百もの奇岩が転がっています。早朝日の出前や夕方に行くのがおすすめです。偉大な自然の力を目の当たりにできる場所です。

 

星空が世界遺産になる!?テカポ湖の星空(ニュージーランド)

テカポ

photo by Jose Gallego

ニュージーランドの南島にある湖「テカポ湖」の星空は世界で1番美しいと言われています。星空を守っていくためにこの星空を世界遺産に登録しようという動きがあります。もし登録されると世界で始めての星空の世界遺産が誕生します。

 

奇跡の青はラピスラズリ。ブルーホール(バヌアツ)

Blue Planet Tourさん(@blue_planet_tour)がシェアした投稿 – 8月 14, 2017 at 8:42午後 PDT

島の80%がジャングルというバヌアツ共和国のエスプリッツ・サント島にあるブルーホールは、宝石の「ラピスラズリ」の成分が溶け込んでできた神秘的な青色が特長です。

 

空から楽しむ自然。パヌルル国立公園のバングル・バングル(オーストラリア)

Australiaさん(@australia.jp)がシェアした投稿 – 8月 28, 2017 at 8:07午後 PDT

西オーストラリア州の最北部にあるキンバリー地区の国立公園です。いくつもの岩が連なる奇岩群は、空から見ると蜂の巣のような模様となっています。横から見るときれいなストライプ模様に見えます。4万5千ヘクタールという壮大なスケールに圧倒されます。

 

まだまだ謎の多いパプアニューギニアのマッドマン(パプアニューギニア)

奇祭ハンターFestival Travelerさん(@earth_festival)がシェアした投稿 – 9月 25, 2017 at 1:28午後 PDT

800以上の部族、文化、言語があると言われているパプアニューギニアのひとつの部族です。顔以外を泥で塗り、顔にはマスクをかぶっています。アサロ峡谷に住むマッドマンのダンスはパプアニューギニアでも有名になっています。

 

氷河の末端まで行ける!フォックス氷河(ニュージーランド)

フォックス

photo by Chalky Lives

全長13km、ウェストランド国立公園の中に位置する氷河です。他の氷河に比べ10倍もの速度で動いているんですよ。氷河の両脇は削られ垂直になっているので、岩盤に沿って氷河の末端まで歩いていくことが可能です。

 

クラゲと泳げる島、ロックアイランド(パラオ)

ロックアイランド

photo by Matt Kieffer

2012年にロックアイランドと周辺のラグーンは世界遺産に登録されています。毒性の低いクラゲが多く生息しているので、一緒に泳ぐことができます。ロックアイランドの一角に「ミルキーウェイ」と呼ばれる少し違う色の場所があります。海底に石灰質の泥が沈んでおり、この泥はミネラルや保湿成分がたっぷり入っています!

 

年間降水量8,000mmのフィヨルド。ミルフォードサウンド(ニュージーランド)

ミルフォード

photo by Christine Wagner

ニュージーランドの南島の国立公園に位置するフィヨルドです。ミルフォードは深海ではないのに深海魚が生息しています。交じり合うことの無い海水と淡水が層となっているので太陽の光が入り込まないためとのことです。雨が多いせいもあり森林の回復がとっても早い不思議な場所です。

 

世界一美しいビーチ!ホワイトヘブンビーチ(オーストラリア)

ホワイトヘブン

photo by Wicker Paradise

青い海と真っ白な砂浜が作り上げるマーブル模様に思わずうっとりしてしまうビーチです。オーストラリアのハミルトン島にあるビーチで、実在しているとは信じがたい美しさです。

関連記事リンク(外部サイト)

日本のマチュピチュと呼ばれる「天空の城」5選
シベリアの真珠「バイカル湖」は世界一透明な湖
あなたも30秒でウユニ塩湖に行きたくなる!ドローンから見たウユニ塩湖の映像が美しいと話題に!
「この木なんの木?」世界の気になる樹を集めてみました

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。