体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ルービックな「わたしの部屋」

ルービックな「わたしの部屋」

突然ですが、みなさんは自分の部屋が好きですか?

毎日生活をする空間だから、好きなもので埋め尽くしたいと思う人も、生活のしやすさに重点を置く人もいるでしょう。

部屋には住む人の個性が溢れ、それはひとつの作品でもあります。「studio molistudio」は、そんな部屋を実際にルービックキューブのようなアートに変換しました。

ようこそ、“ルービック”な我が家へ

ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」エッシャーの「だまし絵」を彷彿とさせる、少し不思議な空間。ごく普通の生活空間をモデルに、少しだけ別の視点を加えて組み立てられているようです。見ようによっては、かわいらしいドールハウス。いつも生活している場所が、特別な世界に見えてきます。ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」

鮮やかでやさしい色彩。

背景のパステルカラーが部屋の雰囲気にマッチして、この場所にはどんな人が住んでいるのだろう。なんて想像がかき立てられてしまいます。ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」近すぎるものほど、あまり意識しないのが私たち。バスタブの形や、キッチンの引き出しの取っ手の色など、生活の場には、素敵なデザインと色で満たされているんですね。 それをこうして3D Rubikにすることで、日常生活にもう一度わくわくを見いだそうというのが、このアートのコンセプト。 いったい、自分の部屋はどんなふうに見えるんだろう。ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」ルービックな「わたしの部屋」Licensed material used with permission by molistudio

関連記事リンク(外部サイト)

夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。
ルームメイトが部屋を片付けないから、アートギャラリー風にしてやった。
部屋が散らかっている人のほうが、実は「優秀」だった。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。