ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ

スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ

ソファ周りやベッド脇で、“あるといいな”なローテーブル。スマホでもコーヒーカップでも、やっぱり手元に置いておきたいわけで。

だけど、いくら小さなモノを選んでも、それなりにスペースは占領されますし、空間自体が限られているなかで、存在感を発揮しすぎるのも玉に瑕。

それでいうと、この「VAI」は使いたい時だけっていう部分にグッときました。

必要なときだけ組み立て
普段はスタッキング

スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ 組み立て式のテーブルで、普段はこんな形で収納。スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へスペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ ミラミッド状の見た目に重なった三角柱にはスリットが入っていて、このピラミッドを天地逆さまに組み合わせることでローテーブルが出来上がるという仕掛け。構造はいたってシンプルでしょ。スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ サイズ感うんぬんもあるでしょうけど、つねに必要ってわけじゃないのがローテーブルだと思うのです。使いたい時にだけ組み立てる。これで十分だったりも。スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ

ひと組ではあまり場所の節約の実感がありませんが、これが2つ3つになると、普段重ねて収納できることが大きなポイントになります。

ミニマリストだったら、こんなものさえ不要なんでしょうけれど、やっぱりちょっとあると便利。部屋をすっきり使えそうだし、重ねて置いておけるのも◎。それ自体の存在感?まあ、そこは目をつむっていただいて。

そうそう、この実用的なVAIですが、2017年のドイツデザインアワードを受賞した代物です。

VAI from MK forms | Minseong Kim on Vimeo.Licensed material used with permission by Minseong Kim, (Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

このテーブル、キャンプに持っていけるんだぜ!
家具選びは「一人二役」かどうかが決めどころ
イギリスの現代アートフェアで、商品化が待ち遠しいテーブルを見つけた

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy