ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46・齋藤飛鳥が聴き漁っているバンドは…

乃木坂46・齋藤飛鳥が聴き漁っているバンドは…
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が英語初心者である乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。1月27日(土)のオンエアでは、洋楽から英語を学びました。

毎回渋い選曲でハリーを唸らせている齋藤。今回選んだのは、アークティック・モンキーズ「Brianstorm」。「最近みつけて、『なんだこのバンド!』って聴き漁ってます。カッコイイですよね」とのことです。そのなかで齋藤が気になっているのは「Cause you’re smooth, and you’re wet.」というフレーズ。

ハリーの解説では、タイトルにある「Brianstorm」は、ブライアン(Brian)という人物と「brain storming」(頭がぶっ飛んだ状態)をかけているそうで、曲の中でブライアンについて「君にキスしたい人もいれば、君のことをぶっ飛ばしたい奴もいるだろう」と歌っており、「ブライアンは女好きな嫌なヤツ」とのこと。

例のフレーズに出てくる「smooth」は「口がうまい」や「さりげないカッコよさ」という意味があり、「wet」は「ベタ」や「カッコつけ」という意味。例のフレーズ「Cause you’re smooth, and you’re wet.」は「アイツは口がうまくてベタなカッコつけ」と訳すことができるそう。「ブライアンの本質を彼女は知らないけれど、彼女は結局落ちてしまった」というストーリーを歌っており、「おそらくアークティック・モンキーズのメンバーで、過去に『嫌いだけど勝てなかったヤツがいる』という経験をした人がいるのかも」とハリーは推測しました。

番組後半では、リスナーからの質問に答えました。

■亡くなったおじいちゃんに英語で「今までありがとう」と伝えたい
「大好きなおじいちゃんが亡くなりました。いつも優しくて物知りのおじいちゃんでした。『今までありがとう、空から見守っててね』という英語を教えてください」というリクエスト。ハリーが教えてくれたのは「Thanks for looking after me. May you rest in peace and look at me from the stars.」(いつも見守ってくれてありがとう。心安らかに眠ってください。そして、星とともに見守ってください)でした。

■道を聞かれた後に言いたい英語
続いて「外国人によく道を聞かれる」というリスナーから「道を教えた後に言うとカッコイイフレーズはなんですか?」という質問。これに対して、カッコイイというよりも「相手を笑顔にさせるフレーズ」として、ハリーは「Take care.」(気をつけてね)という言葉を挙げました。「Take care.」は「またね」や「おやすみ」と言った場面でも使えるそうで、目上の人や初めて会った人にも気軽に使えるフレーズなのでぜひ覚えてください。

齋藤は、「(番組の終わり)8時までDon’t sleep and take care.」とコーナーの締めで早速覚えたフレーズを使いこなし、応用力を発揮していました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。