ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSで話題のオキシ漬けを検証! オキシクリーンでいろんな汚れを落としてみた

若い主婦の間で「洗浄力と消臭効果がすごい!」「万能すぎて笑える!」と大評判の「オキシクリーン」。アメリカ生まれの酸素系漂白剤として本国で2,000万本以上を売り上げており、日本においてはコストコユーザーの口コミで人気に火がついた。

漬けておくだけで汚れがスッキリ落ちるという手軽さから「#オキシ漬け」のハッシュタグで拡散されまくっている。塩素や蛍光剤を含まない(日本版オキシクリーンには界面活性剤も入っていない)エコ洗剤として、ナチュラルクリーニング派にも注目されている。

ネット上には「オキシクリーン」の洗浄力を検証するブログがあふれているが、実際のところはいかがなものか。百聞は一見にしかず。編集部でも自分で確かめてみようと思い立ち、さまざまな汚れに「オキシ漬け」で挑んでみた。
「#オキシ漬け」のハッシュタグで拡散されまくっているオキシクリーン

オキシクリーン日常でありがちな汚れ6種 vs「オキシクリーン」

1月下旬の晴れた昼下がり。南に大きな窓のあるキッチン(室温18.2℃、湿度48%)で検証スタート。

用意した汚れは写真上段左から、カレー、ケチャップ、醤油、写真下段左から、ファンデーション、自転車タイヤ痕、ボールペンのインク)。使用した布は生成りのシーチング(薄手の木綿生地)。
条件をそろえるため、全ての汚れを同じ布に付着させてみた

条件をそろえるため、全ての汚れを同じ布に付着させてみた
カレー、ケチャップ、醤油の汚れはティースプーン1杯分を布に垂らし、人差し指でクルクルと塗り広げたもの。カレーは〝2日目のカレー〟なので具材の色素や油分がたっぷり溶け込んだ状態と思われる。ケチャップはボトルをよく振って上澄みを解消してから塗布。醤油は数日前から醤油さしに入っていたものだ。
服に付いたら厄介な汚れNo.1のカレー

服に付いたら厄介な汚れNo.1のカレー
残り少ないケチャップって無理やり出そうとすると飛び散るよね……

残り少ないケチャップって無理やり出そうとすると飛び散るよね……醤油さしからの登板ゆえ、少し酸化した状態と思われる

醤油さしからの登板ゆえ、少し酸化した状態と思われる

ファンデーションはKATEミネラルマスクBBクリーム[やや濃い目のオークル]を使用。上段は小指先くらいの量をチューブから布に出した後、人差し指でスッと伸ばした状態。ここまで派手にファンデーションをつけてしまうシチュエーションはないと思うが、今回は「オキシクリーン」の洗浄力を測るために〝汚れ増し気味〟で。
ファンデーションはチューブ容器から直接ブニュっと出して……

ファンデーションはチューブ容器から直接ブニュっと出して……
人差し指で強めに拭ってみた

人差し指で強めに拭ってみた
下段は人差し指に残ったファンデーションを軽く擦りつけたの図。満員電車でギュギュッと押されて、隣の人のシャツに顔が当たっちゃった場面をシミュレーションしながら……。
分かりやすいように濃いめのファンデで検証

分かりやすいように濃いめのファンデで検証

自転車タイヤ痕は布を直接当てて強めに擦りつけた。マキシスカートで自転車に乗った時に、スカート裾がタイヤに巻き込まれちゃったことを思い出しながら……。
油汚れと泥汚れのマリアージュ、それが自転車タイヤ痕

油汚れと泥汚れのマリアージュ、それが自転車タイヤ痕
自転車スタンドを蹴り損ねてもスニーカーにこんな汚れが付くはず……

自転車スタンドを蹴り損ねてもスニーカーにこんな汚れが付くはず……

ボールペンはゼブラSARASA CLIP 0.7(黒・赤)を使用。上段は布に直接強めに書いた。下段は人差し指にインクをつけてから布に軽く擦りつけた。最近は超速乾のものも販売されているが、今回はあえて汚しやすいタイプで検証。
ボールペンのジェルインクは乾く前に触ってしまうと服や手を汚しがち

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy