ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、最新ALより「イッツ・ア・ビューティフル・ワールド」のMVが公開

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、最新ALより「イッツ・ア・ビューティフル・ワールド」のMVが公開
 今年の【サマーソニック】にヘッドライナー出演が決定しているノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズが、全英1位を獲得した最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』から、「イッツ・ア・ビューティフル・ワールド」のMVが公開された(https://youtu.be/mK-rxvb4UjQ)。

 社会的なメッセージを帯びた映像がシネマのようなタッチで綴られた作品に仕上がっているが、ノエルは自身のソングライティングについて、「テロなどによるニュースについて曲を書こうとは思わない」とした上で、「曲はある種の喜びを秘めているべきだ。そして喜ばしい曲を書くというのはこの世界で毅然としているということだ」だと語っており、さらには「醜いことや憎しみに直面しても“世界は美しい”と歌うのは、物事に屈しないというメッセージだ」と語っている。

 最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』はまた、「喜びが隅から隅まで鳴り響く」(『ガーディアン』紙)、「驚きと楽しさで満ちたアルバム、恐らくかつてない最高傑作」(『サン』紙)、「『モーニング・グローリー』以来のノエルの最高傑作」(『NME』)と英有力メディアもこぞって絶賛しており、イギリスではリリース後2週間でゴールド・ディスクを獲得するほどの大ヒットとなっている。この最新作を携え、ノエルは2月9日デトロイトを皮切りに【Stranded On The Earth World Tour】をスタートさせる。早くもロンドンのウェンブリー・アリーナなどはソールドアウトとなっておりその不動の人気ぶりを見せつけているが、ここ日本においては、ノエルがサマソニのステージ登場するのは2005年のオアシスでのパフォーマンス以来実に約13年ぶりとなり、また今回の出演によりノエルは、【サマーソニック】と【フジロックフェスティバル】いずれもメインステージで、バンドとソロの両方でヘッドライナーを務める初のアーティストとなる。

◎公演情報
【サマーソニック2018】
千葉・幕張メッセ
2018年8月18日(土)・19日(日)

◎リリース情報
アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン|Who Built The Moon?』
2017/11/24 Release
<初回生産限定盤>CD+DVD
SICX95-96 3,400円(tax out)
<通常盤>CD

関連記事リンク(外部サイト)

ノエル、ベック、チャンスらサマソニ出演決定、カニエ&キム第3子誕生、エド・シーラン首位死守:今週の洋楽まとめニュース
ノエル・ギャラガー、最新作/カニエの影響/エド・シーラン/ギター・バンドを語る
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ第3弾アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』プレミアム試聴会に5組10名様をご招待

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy