体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なばなの里からすぐ!恋人たちのパワスポ「湯の山温泉」でデートしよう【三重】

なばなの里

イルミネーションスポットとして人気の「なばなの里」。

デートで行きたい!という人も多いのでは?

せっかくデートで行くならお泊まりもしたいですよね。

そこでオススメの温泉地が湯の山温泉。

湯の山温泉は御在所岳に近いため、この時期は雪の絶景が見られるのもポイント。

また「恋結び折鶴伝説」という言い伝えが残り、穴場の恋愛祈願スポットもあるんです。

煌めく自然の絶景、ゆったり過ごせる山の温泉、ほっこりする名店、きらびやかなイルミネーション…。

すてきな冬のデートコースを1泊2日のコースで作ってみました。

湯の山温泉には日帰りできる温泉宿もあるので好きなところだけピックアップして日帰り旅もできますよ!

記事配信:じゃらんニュース

<1日目ランチ>nest

森の中にあるカフェでのんびりランチタイム。

nestカンパーニュなど自家製パンランチが3種類そろいますnestモノトーンの配色の中にも、温かみが感じられますnest山の中腹にひっそりとたたずむ店

大きな窓から森を眺め、くつろいで過ごせる小さなカフェ。

オーナー夫妻の作るパンを生かした、カンパーニュプレート(1300円)などのランチが好評です。

心豊かな生活を提案する雑貨コーナーもチェックを。 nest(ネスト)

TEL/059-396-1525

住所/三重県三重郡菰野町杉谷2323-1

営業時間/8時30分~17時(LO16時30分)

定休日/火、第1・3・5水、2017/12/30~2018/1/2

アクセス/東名阪道四日市ICより25分

駐車場/7台

「nest」の詳細はこちら

<1日目観光>器屋

生活の中で気軽に使えるリーズナブルな器がズラリ。

器屋普段使いにぴったりで、使いやすいスープカップ(1620円)器屋店内は落ち着いた雰囲気

広々とした店内には、三重県内の作家を中心とした陶器や漆器、ガラス製品が並びます。

洋服やアクセサリー、雑貨も充実。ショッピングを楽しんだ後は、同じ敷地内の茶房で休憩するのもオススメ。 器屋(うつわや)

TEL/059-392-2288

住所/三重県三重郡菰野町菰野4842-3

営業時間/10時~17時、2018/1/2は12時~17時

定休日/水、2017/12/31~2018/1/1

アクセス/東名阪道四日市ICより15分

駐車場/15台

「器屋」の詳細はこちら

<1日目観光>三嶽寺

温泉地で折り鶴に恋の願いを込めて。

三嶽寺湯の山温泉の各宿から徒歩圏内折り鶴賽銭箱横に折り紙があるので鶴を折って奉納しよう

江戸時代、身分違いの男女が折り鶴を奉納し恋を成就させた折り鶴伝説が伝わります。

湯の山温泉街の中にあり穴場で静かな縁結びスポットとのクチコミも。

~湯の山温泉の折り鶴伝説~

大店のひとり娘と使用人の許されざる恋。二人は結ばれぬ恋を思いつめ湯の山の地にたどり着きました。

そして、滝に身を投げようとしたその時、一人の僧兵が現れ「温泉にでもつかれば気持ちも変わるかも知れんぞ」と励ましたのです。

その言葉に気を取り直した二人が湯に入ると、なぜか思い詰めていた気持ちが、ほんのりと解けていくのが分かりました。

あくる朝、僧兵に礼をと三岳寺を訪れたところ姿がみえません。

せめて感謝の気持ちを伝えようとふたりは鶴を折り、寺へ奉納しました。

すると折鶴は連なってひらひらと舞い上がり、飛びたっていきました。

それから数年後、幸せになったふたりは三岳寺を訪ね、住職にあの僧兵のことを話すと、もう何十年も僧兵はいないとのこと。

ふたりを救った僧兵は仏様の仮のお姿だったのかもしれません…。 三嶽寺(さんがくじ)

TEL/059-392-2670

住所/三重郡菰野町菰野8550

営業時間/参拝自由

定休日/なし

アクセス/東名阪道四日市ICより25分

駐車場/なし

「三嶽寺」の詳細はこちら

<1日目観光>御在所ロープウエイ

冬の夜に浮かび上がる自然の造形美に感動。

御在所ロープウエイ樹氷は1月から2月にかけて見られる可能性が高い。ナイター時は日没からライトアップ!御在所ロープウエイ山頂から名古屋方面を望む。街灯りのイルミネーションにうっとり
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。