体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヤカタ初の猫スタッフ総選挙 題してYKT10

2018年の猫の館ME、卒業生第2&3号は、コアラの愛称で人気のあった『つくし』ちゃん(左)とキジトラ美男子『くり』くんカップル。にゃか良しの二人が一緒のお家に引越しです!

少し季節が遡りますが、本日は猫の館ME初の、猫スタッフの総選挙の時のお話です。

昨年2017年夏に、館の2代目店長の半長毛黒猫『ぷう汰』(現『アル』)君が卒業して、店長の座が空席になりました。

初代店長『サン』ちゃんも長毛黒猫でした。

偶然にも2代続けて、長毛黒猫が店長を務めたり、16頭いる猫の半分にあたる8頭が黒猫だった時期もあったりと、猫の館MEは保護猫カフェなのに黒猫の多い猫カフェとして雑誌に見開きで取り上げられたり、某国民的テレビ局さんが黒猫の画が欲しいと撮影に来られたりと、何となく「猫の館MEと言えば黒猫」という印象が強くありました。

3代目店長の就任はどうなるのだろう。館にはもう、長毛黒猫はいません。

当時、人スタッフ達で相談した結果、3代目店長に相応しいのは、半長毛の黒キジ『マイク』ということになりました。『マイク』は飼育放棄されたところを、提携するボランティアさんに保護され館にやって来ました。本当の年齢はわかりません。穏やかで、他の猫たちからも慕われ、お客様からも人気のあるとてもチャーミングな猫でした。

ところが、店長就任の発表は、猫の館ME正式オープン記念日と決めて水面下で準備を進めていた矢先に、残念ながら『マイク』はお星さまになりました。館への入居時には既に腎不全の値が高く、治療を頑張っていたのですが、夏に症状が一気に進んでしまったのです。

『マイク』の容体が日に日に下がって行く中で、店長就任はベストではないと判断した私たちは、『マイク』を見送った後、気持ちを切り替えて、ヤカタ初の店長総選挙を開催することに決めました。題して「YKT10」。ヤカタのそれぞれの音の頭文字「YKT」と、選挙には入居3か月以上経過している10頭の猫スタッフ達が立候補したので「10」。国民的アイドルをパK…いえ文字らせていただきました。

『マイク』のことで私たちもお客様も湿っぽくなっていたので、何か楽しいイベントを仕掛けることで、気持ちを明るく前向きにしたい。そんな思いも込めて、投票で1位を決めて、みんなで次の店長を決めましょう、というわけです。

選挙ポスターも、人スタッフの頑張りで、楽しくおかしく準備しました。

それぞれの猫スタッフの特徴を短いキャッチコピーで表現するという遊び心を入れてみました。

投票のルールは簡単。来館一回ごとに一人一票、投票できます。毎日通えばそれだけ応援している猫スタッフの票が伸びるという仕組みです。組織票も働きますね。

さて、その結果。上の写真の『グレーテル』が1位を獲得したものの、選挙の途中で、なんと譲渡の話が進みトライアルが決定したため、

次点2位になった『やや』ちゃんが3代目店長に決まりました。

『やや』店長はご覧の通り、右目がありません。仔猫時代にひいた猫風邪が原因で右目を摘出することになりました。でもそれは、小さな『やや』ちゃんがお外で頑張って来た証。本人(猫)はそんなことはちっとも気にせず、フレンドリーな性格でお客様にも人気が高い猫さんです。

愛くるしい性格で、多くのかたの心をノックアウトしている毎日です。こんなかわいい館初の女のコ店長の『やや』ちゃんも、もちろんパパママ募集中です。

2017年は悲しいこともありましたが、その分、今いる館の猫たちが幸せに暮らせるよう、今年はお家探しをもっともっと精力的に行ってゆくつもりです。

ぜひ、猫の館MEの実店舗にも遊びにいらしてくださいにゃん。

やや店長も張り切ってお待ちしております!

著者:猫の館ME 小倉則子

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。