体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都一人旅におすすめ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
何度訪れても新しい魅力に出会える京都は、気軽にひとり旅するのにピッタリ。ひとりだから宿泊費は抑えたいけれど、せっかくだから旅の思い出になるような宿に泊まりたいもの。

今回は、泊まれる本屋として東京で話題となり、一昨年にオープンした「BOOK AND BED TOKYO」の京都店をご紹介しましょう。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
祇園四条駅から徒歩1分と、アクセス抜群のビルの9階に入る「BOOK AND BED TOKYO京都店」。華やかな祇園の中心だけあってビルには楽しそうなお店が。「カルシウムハウス」が妙に筆者は気になってしまいます・・・。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
エレベーターに乗っていると何やら賑やかな歓声が聞こえてきました。カルシウムハウスでしょうか(笑)。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
9階のエレベーターを降りると、そこには重厚な扉が。この扉こそ「BOOK AND BED TOKYO京都店」への入り口。まるで別世界へのエントランスのようです。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
扉を開けるとスタイリッシュなフロント兼バーカウンター。まずはチェックイン。スタッフの方がとても親切で丁寧に館内の説明をしていただけました(ちなみに超イケメン!)。こちらのフロントでタオルやオリジナルグッズの購入やレンタルができます。ソフトドリンクや京都産を中心とした地ビールも販売。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
「ソラン・デ・カブラス」というミネラルウォーターを購入。お洒落なデザインのボトルが目を引きます! かの名門サッカークラブチーム「レアル・マドリード」の公式ミネラルウォーターなのだそう。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
フロントの扉を抜けると本棚とベッドがあるエリアに。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
京都店の本をセレクトしたのは、英紙ガーディアンが「世界で一番素晴らしい本屋」10店に挙げた京都が誇る書店「恵文社一乗寺店」なのだそう。小説、雑誌、洋書などさまざまなジャンルの本が並びます。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
京都にまつわる本も数多く、旅の計画にも役立ちます。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
窓際には大きなソファーも。こちらで飲食OK。控え目で心地よいBGMが流れ、心ゆくまで読書に没頭できます。天井には数多くの本が浮かんでいて、アート感も楽しめる雰囲気。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
話題のバルミューダのトースターも。買ってきたパンを温められるのがうれしいですね。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
シャワールームは女性専用も用意。きちんと掃除され清潔感もバッチリ。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
スタイリッシュな洗面所。ドライヤーもちゃんとありました。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
こちらが今宵の筆者の寝床。ハシゴで登るスタイルで、大人ながらもワクワク感を隠せません。ランプは枕元まで動かせるので寝っ転がりながら本を読めます。鍵付きの小さな物入があり貴重品の管理も安心。

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
見た目よりも閉塞感がなく居心地のいいベッドルーム。まるで秘密基地のような空間で楽しめましたよ。時間があればスマホばかり見ている筆者なのですが、ここぞとばかりに読書に没頭でき、久しぶりに本を読みながら寝落ちできました。これはクセになりそうな幸せな感覚です!

京都一人旅にピッタリ!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO京都店」に泊まってみた
チェックアウトは11時なので、朝ものんびりと過ごせます。大きな窓からは京都の街並みを一望。

今回の宿泊費は税込で3,800円(平日)。心ゆくまで読書を楽しめて、そのままベッドで寝落ちできる「BOOK AND BED TOKYO京都店」。

リーズナブルなだけでなく素敵な旅の思い出になるような宿に宿泊したい時は、ぜひ利用してみてはいかでしょうか?

BOOK AND BED TOKYO京都店
http://bookandbedtokyo.com/kyoto/
住所 〒605-0075 京都市東山区中之町西入ル200 カモガワビル9階
・京阪「祇園四条駅」7番出口徒歩1分
・コンビニ(FamilyMart)徒歩3分
・ドラッグストア 徒歩5分
・外貨両替所 徒歩5分

【宿泊価格】
「STANDARD」4,800円(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日、ハイシーズンなどは変動あり
「COMPACT」4,300円(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日、ハイシーズンなどは変動あり
「RIVER VIEW」4,800円(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日、ハイシーズンなどは変動あり
チェックイン 16:00~ チェックアウト 11:00

【デイタイム 営業時間】
13:00~17:00
※ご予約は受け付けておりません。

【デイタイム 利用価格】
1時間ごと:500円(税抜)
フリータイム(Daytime営業時間内):1,500円(税抜)
※個室、シャワーはご利用いただけません。
※一旦退室時には身分証が必要になります。

[All photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。