ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネバヤンがアメリカで体験! 日本ではありえないこと

ネバヤンがアメリカで体験! 日本ではありえないこと
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜担当ナビゲーター:never young beach)。1月24日のオンエアでは、巽啓伍(Ba)、鈴木健人(Dr)のリズム隊コンビでお送りしました。

1月8日(月)から巽と鈴木は、ボーカルの安部やマネージャーとともにアメリカ旅行に行っていたそう。鈴木と安部の「大好きなアメリカの音楽に本場で触れたい」という目的の旅行に誘われるかたちで同行した巽ですが、もともとは別の国に行こうと考えていたとか。

「なんか(安部)勇磨が『たっさんどうするの?』みたいに言って、『いや、どうしようかなって思ってるんだよね』って言ったら、『じゃあ、一緒にアメリカ来なきゃバンド、クビにする』って言われて。『そりゃあ、行かなきゃいけない』ってなって行ったね」と巽。すごい誘いかたですね(笑)。

今回、メンバーが行ったのはポートランドとサンフランシスコの2つ。バンドで台湾に行ったことはあった巽ですが、英語圏に行くのは初。もともとアメリカ映画が好きだったため、まるでセットの中にいるような気持ちになったそう。

何もかもが日本とは違って見えたのですが、中でも気になったのは家。カラフルで建物自体も低く、マンションやアパートはほとんどなかったことに驚いたようです。

「日本で働いている人がたまに海外に行く気持ちはこうなんだろうなって思った。まったく日本の言語が通じないところで過ごすって良いなって。逃避できるなって思って、今後はもう僕、春夏秋冬、ワンシーズン毎に海外に行きたいな」と、巽はすっかり海外にハマってしまったようです。

一方、鈴木もアメリカに行くのは初めて。「好きだったっていうのもあるけど、予想以上に土地の空気というか、すごいハマって。運転もしたわけだけど、日本とやっぱ交通ルールが違うわけよ。なんかみんな速いし。制限速度が速いんですよ。」(鈴木)

さらに飲食店でも日本との差をかなり感じたそう。映画に出てくるアメリカの店員はとてもフランクですが、それを大げさなフィクションだと思っていた巽は、本当にそのままだったことに「ホントだったね!」とかなり驚いていました。

巽がガソリンスタンドと併設しているコンビニでコーヒーを買った際、店員に「アメリカに来たことあるの?」と話かけられ、「初めてです」と答えると「マジ? これ俺からのプレゼント」と、コーヒーをくれたそう。「こういう優しさっていいなって思って。日本じゃありえないじゃん?」と話していました。

根本から日本とは違うカルチャーに驚かされることもたくさんありましたが、2人とも「また行きたい」と思うほど大満足な旅行になったようです。

この他、リスナーさんから届いたメールをきっかけに「ライブを見に行ったときに、どこを見てる?」というトークで盛り上がりました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。