体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで宇宙船!近未来風カプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
何度訪れても新しい魅力に出会える京都は、気軽にひとり旅するのにピッタリ。ひとりだから宿泊費は抑えたいけれど、せっかくだから旅の思い出になるような宿に泊まりたいもの。

今回は、女性一人でも安心して過ごせる近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」をご紹介。

カプセルホテルと聞くと、なんとなくサラリーマンが終電を逃して仕方なく泊まるというようなどこかオジサン的なイメージを抱いていた筆者ですが、そんな概念を覆されるほどスタイリッシュな空間で、心地よく滞在できましたよ。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
河原町駅から歩いて4分ほどにある「ナインアワーズ京都」。周辺にはレストランやコンビニもあり大変便利な立地。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
エントランスに入るとそこに広がるのは真っ白な世界。床から天井、何から何まで白で統一されスタイリッシュなデザインで、非日常感たっぷり。

カウンターで支払いを済ませ、ロッカーキーと寝間着・タオル・歯ブラシ・スリッパを受け取ります。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
1階のチェックインカウンター奥には宿泊者の共用ラウンジ。電源もあるのでPC作業も可能。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
2階にある女性専用の共用ラウンジ。すっきりとしたデザインが斬新。こちらのスペースでは飲食OK。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
ナインアワーズ京都は完全にエリアが男女別に分かれていて、エレベーターの時点で別々。女性ひとりでも何かと安心ですよ。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
こちらは女性専用のロッカーやシャワー、お手洗い、洗面所があるフロア。ロッカーはカードキーで開け閉めします。荷物はこちらで保管。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
真っ白ですっきりとした洗面所。ホステル系の洗面所はお湯が出ないところが多いのですが、こちらはちゃんとお湯も出ました。寒い冬の京都ではこれはうれしい!

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
シャワールームも多く設置され、一度も待たずに利用できました。ドライヤースペースも広め。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
きちんと清掃され清潔感バッチリのシャワールーム。水圧も強めで問題なく使えました。シャンプー、コンディショナー、ボディソープも用意。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
そしてこちらが噂のカプセルユニット。まるで宇宙船のようなデザインでワクワク気分は最高潮!

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
こちらが筆者の今宵の寝床。内側からロールスクリーンが閉められるようになっています。カプセル内は思った以上に広く、閉塞感を全く感じさせません。壁や天井が丸いフォルムを描いているからでしょうか、なぜかとても居心地がいいのです。

マットレスは「プレスエアー」という素材が使われているようで、ナインアワーズ専用の特別仕様なのだとか。体全体がしっくりとマットに包まれ、抜群の寝心地でした。

まるで宇宙船!?近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ京都」に泊まってみた
枕の上には寝室環境システムが設置。これは「Sleep」ボタンを押すとだんだんとカプセル内が薄暗くなり、「Set Up」ボタンでセットした起床予定の時刻に合わせてゆっくりと明るくなり、穏やかに目覚められる画期的なシステムなのだそう。筆者は初めて体験しましたがスマホのアラームよりもはるかに心地よい目覚めで驚きでした。

今回の宿代は、宿泊予約サイトを利用して3.000円。シンプルなデザインだけでなく快適に過ごせる工夫が随所に感じられ、大変心地よく過ごせました。

ひとり旅で宿泊費はリーズナブルに抑えたいけれど、いつもとちょっと変わった個性の光る宿に泊まってみたい時に利用されてみてはいかがでしょうか?

ナインアワーズ 京都
https://ninehours.co.jp/kyoto/
住所 〒600-8031 京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町588
阪急河原町より徒歩約2分
電話 075-353-7337
宿泊 4,900円~ /チェックイン12:00 チェックアウト翌日10:00
仮眠 1,000円~ /12:00〜21:00
シャワー 800円/24時間いつでも

[All photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。