体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かなでももこ&いとうかなこ、コラボイベント『LIVE A.N.D』での共演に向けたインタビューを公開

いとう:「LIVE A.N.D」のスタイルって、なかなか無い面白い形ですよね。いわゆる普通のジョイントライブではなく、今回で言えば、互いの人気シリーズを掲げてというテーマがしっかりとあって。しかも、それを生バンドで歌うという。さらに会場が渋谷サイクロンという怖そうな人しか出ないような老舗のライブハウスでやるので、今から楽しみです。

かなで:えっ、怖そうな人しか出てないところなんですか?

いとう:だって、渋谷サイクロンですよ。あそこはゴリゴリなロックをやるバンドばかりがやっているライブハウスという印象なんで。

かなで:「怖そうな人しかいないんだ」って。わたし、それをかなこさんから聞いて怖くなりました(笑)。

いとう:最初、かなでももこでさんと一緒にライブをやる場所を渋谷サイクロンと聞いてビックリしたんですけど。アルバム『Lush*energy』を聞いたら、「なるほどー」と思った。この曲なら渋谷サイクロンに合うどころか、ライブハウスのお兄さんたちもビックリするんじゃない?。早く聞かせてやりたいですね。今回は、お客さんたちとスタッフさんたちを、2人で一緒にやっつけよう!!

かなで:今回、2人の中のテーマは「攻めていこう」ですからね。

――お互いのライブは、かなり攻めなスタイルになりそうだ。

いとう:わたしはそのつもりです。まして「科学アドベンチャー」シリーズは速い・高い・つらいと歌うのにハードな楽曲が多いんで、時々、休憩でそれ以外の曲を歌うと思うんですけど(笑)

かなで:「NOeSIS」もサスペンスホラーアドベンチャーとテーマが重たいので…。

いとう:曲を聴いたけど、怖いのよ。怖い曲対決になっちゃうんじゃないかな!?という予想でございます。

――「LIVE A.N.D Vol.3」は、前2回のシリーズとはまた違う感じになりそうでしょうか?

かなで:今回のように作品へちなんだ曲を歌いあえるのは、何時もとは違うスタイル。きっと、ゲームやアニメの世界観にけっこう入り込んでいける「LIVE A.N.D」になっていくと思います。

いとう:互いにテーマとなる作品があるおかげで、統一感は出るよね。お客さんも、どんな曲を聞けそうかがわかりやすくなるぶん予習もしやすくなるからね。

かなで:どちらのシリーズ曲も事前に知ってくださっていたら、余計に楽しめるので、ぜひ予習していただけたら嬉しいです。
「いとうかなこ」さんも、 「かなでももこ」も「こにわ」さんも、みんな「ひらがな」。

――お互いに、どんな風に絡み合うのかも、今回楽しみにしているところです。

いとう:わたし、ももこさんのようなハードな楽曲を歌ったことがないので、ちょっと興味はありますよ。歌えるか、わかんないですけど(笑)。だって超高音で叫び声を出してるんですよ。

かなで:『福音-GOSPEL~』を聞いてそう感じてくださったんですよね。でも『福音-GOSPEL~』は「NOeSIS」シリーズじゃないんですよね。そこはねぇ…。

いとう:大丈夫、わたしも「科学アドベンチャー」以外の楽曲も歌う予定だから(笑)。

――お二人で、こんなことをやってみたいというアイデアもありますか?

かなで:わたしが「いとうかなこの歌声喫茶ラルゴ」へゲストで出させていただいたときのラジオ番組でも、かなこさんにリクエストをしてアカペラで歌っていただいたんですけど。わたし、「科学アドベンチャー」シリーズの中でも、『F.D.D.』が大好きなんです。この歌は、わたしがデビューするきっかけとなるときにカバーして歌った楽曲なんですね。だから、かなこさんと一緒に「LIVE A.N.D」をやると決まったときから、「一緒にコラボしたいな」とわたしは思ってました。他にも、『スカイクラッドの観測者』や『Hacking to the Gate』など大好きな歌はたくさんあります!!

いとう:「STEINS;GATE」のゲームをやってくれてたんだもんねぇ。

かなで:追っかけてました。「STEINS;GATE」を通して初めてノベルゲームもやりました。

――かなでさん自身、最初にこの話が決まったとき、どんな気持ちでした?

かなで:わーっ「ひらがな」だ。「いとうかなこ」さんも、「かなでももこ」も、「こにわ」さんも、みんな「ひらがな」だって。

いとう:あー、ほんとだぁ!!。っていうか、最初の気持ちって、そこなんだ(笑)。

かなで:いや、なかなかの驚きです。

いとう:ひらがなどうし、みんなで頑張りましょう!!

――かなこさんの、ももこさんに対する印象も聞かせてください。

いとう:ホントに見た目も声も可愛らしいのに、サウンドがゴリゴリのロックで、そこにギャップ萌えですよね。それがステージでどう見えるのか、わたしも楽しみにしています。

かなで:ありがとうございまーす。
こにわさんがネタをやり始めたら、 それがわかんなくて、「わー、ネタだったの? ごめんごめん」って遮っちゃうかも知れません(笑)

――当日、どんなアンドなステージが繰り広げられるのか楽しみです。

いとう:そこは弾けあっても、完全に混じりあっても面白いだろうし、全体にやってみてどうなるのかは、私たちもやってみないことにはわからないので楽しみにしています。

かなで:リハーサルをしているときに想像していたことを本番でやってみると、思いもよらぬ嬉しい手応えを毎回感じているように、本番が終わったときどんな風に「アンドしたぁ」と思えて「安堵」出来るのか。その感覚を今回も楽しみにしているんですけど。それを、大先輩のいとうかなこさんとわたしは味わえるのか?というドキドキもありつつ。でも、楽しみな気持ちがすごくあるから、何時も通りしっかり準備して頑張るぞって気持ちです。

いとう:同じバンドメンバーで、2人が入れ代わって歌うのも面白いよね。お互い声質も曲調も違うから、その違いをくっきり出せたら、より楽しくなるなと思います。

――今回も、トークの絡みがあるんですよね。

かなで:こにわさんも入れた3人でのトークもやります。

いとう:内容は、こにわさん任せですけど(笑)。でも、トークでの絡みって普段はない形だから新鮮だよね。

かなで:トークの絡みも面白いと思います。

いとう:でも、内容はこにわさん次第(笑)。

かなで:何を聞かれるか次第(笑)。もう聞かれたことに答えてく(笑)。

いとう:こにわさんがネタをやり始めたら、それがわかんなくて、「わー、ネタだったの? ごめんごめん」って遮っちゃうかも知れません(笑)。

かなで:ネタの振りがわからないって(笑)。

――何が起きるのか、当日を楽しみにしています。最期に、改めてひと言ずつ意気込みをお願いできますか?

いとう:かなでももこさんと2人だけのジョイントライブ。どうなるかお楽しみにというわけで、よろしくお願いします。

かなで:わたしも、ずっと大好きな「STEINS;GATE」だったり、この「科学アドベンチャー」シリーズと、わたしが大切に歌ってきた「NOeSIS」シリーズの楽曲がコラボ出来るということで凄く嬉しいです。なので、この日が楽しい時間になるように頑張りますので、みなさんもぜひ遊びに来てください。
TEXT:長澤智典
『LIVE A.N.D Vol.3』
2月04日(日) 東京・渋谷サイクロン

<出演>

いとうかなこ、かなでももこ

MC:こにわ

<チケット>

¥4,000(ドリンク代別)

■チケット情報はこちら

https://www.funity.jp/live-and3/

<入場特典>

いとうかなこ / 科学ADVシリーズ、かなでももこ / NOeSIS

のコラボライブ来場者記念特典 科学ADVシリーズからは最新作
 (okmusic UP's)

前のページ 1 2
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。