ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異性の婚活仲間をつくって婚活に活かそう! by まる美

異性の婚活仲間をつくって婚活に活かそう! by まる美 f:id:zexyenmusubi_honnest:20180125145740p:plain

連載7回目にもかいたのですが、私は「婚活パーティで数打てば当たる作戦」を実行して、1年間で約30回のお見合いパーティに参加していました。

何度も婚活パーティに参加していると、1度会ったことのある人に遭遇することがあります。

そして、前回もこの話って聞いたっけ?? 何を話そう…と気まずくなります。

しかし、このような事を何度も繰り返していくうちに

「私もこの人も既に結婚相手の候補としてみていないんだから婚活トークする必要無いじゃん」と開き直るようになりました。

お見合いパーティでは1度に10~15人位の人とお話をしないといけません。疲れちゃいますよね…

今までは全ての人に全力投球でアピールしていましたが、2回目に会う人には力を抜いて世間話をするような感じで話かけるようにしてみました。

恋人が欲しい! 他のライバルに負けたくない! 少しでも印象に残るように面白い話をしよう!…などとギラついていたり、緊張している空気を出さず婚活モードをOFFにして話かけるとお互い力が抜けてすんなり仲良くなれることが多かったです。

そうして、そのうちパーティ中に婚活情報交換会をするようになりました。

「(周りを見渡して今日の手ごたえは)どうですか?」「そうだね~(首を振ってイマイチかなと返事)」

「あそこの(婚活)イベントって知ってる? 料理が美味しくてオススメだよ」

「面白いお店(相席居酒屋)ができたらしいよ」

…といったように、周りの参加者にはパーティの常連と思われたくないので小声で内容をぼやかしながら話すことがポイントです(笑)

私が婚活をしていたのは数年前のことで、今より婚活パーティが少なかったんです。なので、婚活情報はとても役立ちました。

他にも服装やメイクなど男性目線のアドバイスを貰ったり、オススメのデートスポットを教えてもらったりもしました。

同性の婚活仲間もたくさんできましたが、同性だといくら仲間であってもライバルなんですよね。

合コンを開いたり、一緒にパーティに参加することもありましたが同じ人を好きになることもあるので、なにかと気を使ってしまいます。

でも(結婚候補から外れた)異性の婚活仲間だとお互いに気を使わなくて楽でした。

常連になる前にカップルになることが1番なので、私のように婚活パーティの常連にならないと難しいと思いますが、もし機会があったら異性の婚活仲間を作ることも試してみると良いかもしれませんよ。 前回の記事:相手に「また会いたい」と思ってもらう為に私がしたこと by まる美

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705215343j:plain

著者:まる美

彼氏いない歴27年。恋愛に関心が無かった干物女がアラサーになって婚活に目覚めました。目標は30才までに結婚すること!

ブログ:【婚活漫画】マルモニ~まる美の婚活をモニタリング~ http://ameblo.jp/marumimimimi/

この作者の過去記事

まる美

まる美さんの

過去記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

自分にとってコンプレックスでもそれが好みの人もいる。太った私の婚活体験談 by U-ユウ-
一度一度が真剣勝負!婚活相手とのデートを有意義なものにする記事5選
「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」と考える独身、今や3割のみ by 斗比主閲子

ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy