体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「臼井孝のヒット曲探検隊~アーティスト別 ベストヒット20」2018年限りで引退を発表した、安室奈美恵のベストヒット20を探る!

CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、今回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。
「臼井孝のヒット曲探検隊
~アーティスト別 ベストヒット20」 (okmusic UP's)
親しまれる“アムロちゃん”から リスペクトされる“アムロちゃん”へ

一時代を築いた女性ソロのスターたち。ある者は完全引退し、またある者は進化を捨てて“永遠のアイドル”に挑戦し続け、またある者は楽曲制作にシフトしていく。そんな中で安室奈美恵は、常に変わり続けていながらも、シーンのトップにいるイメージを保っているという驚異的な存在だ。しかし、その光の部分が鮮やかに見える彼女なだけに、下積みや低迷期といった影の部分も、他のスターよりも多いように思える。その遍歴をざっと振り返ってみよう。

まずは、5人組アイドル・グループ“SUPER MONKEY’S”としてWタイアップシングル「恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」で華々しくデビューするも、オリコン最高29位を頂点とした下積み時代。次に、ユーロビートカバー路線で一気にブレイクし、さらに小室哲哉プロデュース作品で“アムラー”現象まで引き起こすことになった95年~97年、そして突然の妊娠・結婚発表(当時は号外まで撒かれましたっけ)を経て、98年に出産し、その後、小室哲哉作品で復活するもセールスが休業前には及ばず、やがて別の作家を起用するも低迷し続けた98年~02年。これ以降は懐メロ中心のLIVEをすることで、かろうじて延命化していくというのが通常の女性スターで、それでも十分幸せな転進となろう。
しかし、彼女の場合は03年以降、ヒップホップ・アーティストとのコラボを増やしていくことで、独自のポップなヒップホップ=“HIP-POP”路線を確立、以前のようなカラオケ向きのキャッチ―なメロディーラインのシングルを歌うこともしばしばあるが、基本はクールで複雑な楽曲が中心で、親しまれる“アムロちゃん”から、リスペクトされる“アムロちゃん”へと成長を遂げる。それゆえ、2008年にはトリプルA面シングル「60s 70s 80s」で約9年半ぶりとなるオリコン1位獲得、その勢いに乗って02年~08年までまとめたベスト盤『BEST FICTION』も累計155万枚と、98年のアムラー人気の集大成ベストの169万枚とほぼ並ぶほどの高セールスとなった。08年と言えば、すでに着うた・着うたフルの時代となり、CDではなくダウンロードで聴いたり、その中でもアルバム単位ではなく1曲単位で音楽を聴いたりということが習慣化してきたことを考えると、この08年の155万枚というのは、90年代の200~300万枚クラスのヒットと考えられるだろう。
その後は、地上波テレビとの距離を徐々に取るようになり、その分、国内外のLIVEツアーを積極的に回り、その圧倒的なパフォーマンス力は誰もが知るところとなる。そして、13年以降は作品の作り方も二極化。ドラマや映画の主題歌はシングルとして発表しつつも、アルバムはシングルとは独立したよりクールでハイセンスな楽曲を連発、ほぼ全篇英語詞の楽曲も数多くリリースしてきた。

そんな中、デビュー25周年を迎えた2017年9月20日での突然の引退発表。2018年9月16日と、1年後の引退としたにもかかわらず、直後からCDやダウンロードでの旧作品の購入が相次ぎ、カラオケでも90年代を中心に過去のヒット曲のリクエストが殺到。そして、同年11月8日にデビュー25周年で発売されたベストアルバム『Finally』は初動で100万枚を突破、年明けには音楽業界全体を見渡しても2010年代初となる200万枚を突破!2018年2月からのラストツアーのチケットも超難関の争奪戦となっており、改めて彼女の存在感の大きさを示している。

この安室奈美恵の約25年間を振り返ってみると、CDヒットやファッションを中心に社会現象となった90年代、ヒップホップのマナーを取り入れることで復活を果たした00年代、そして配信やカラオケヒットのシングルとコアな洋楽ライクなアルバムの二極化が強い10年代、と、どの時代が最もヒット曲が多いかという回答はとても難しい。だからこそ、今回のヒットの判定方法でどこまで納得できるものになるか、筆者自身も楽しみだ。
CDシングルの売上だけでは語れない 安室奈美恵すごさ

安室奈美恵の総合ランキングは、“アムラー”旋風が起こりミリオンヒットが集中したCDランキングとはかなり様相が異なっており、実際に90年代の楽曲はTOP10にわずか4曲。このことからも、彼女のすごさはCDシングルの売上だけでは語れないことが分かるだろう。

それでも総合1位は、1997年のシングル「CAN YOU CELEBRATE?」となった。同作は、フジテレビ系月9ドラマ『バージンロード』の主題歌に起用され200万枚以上売上げた後、秋の妊娠・結婚報道、同年末の紅白歌合戦を最後に休業するという話題性もあり、さらに売り伸びて約230万枚のセールスを記録。また、同年末に結婚祝福盤として同作の“Wedding Mix”を収録した12cmシングルも発売され、こちらもオリコン初登場1位を獲得し、累計45万枚以上のセールスに。

1997年の発売当時は音楽配信自体がなかった「CAN YOU CELEBRATE?」だが、2002年の配信開始以来ダウンロード数を伸ばし、90年代の楽曲で唯一ダウンロードでも25万件を突破、そしてカラオケでも引退宣言以降、もっともリクエストが殺到し、結果として総合1位となった。つまり、CDの最大ヒットに加え、さらに配信やカラオケでも長く支持されたことで総合1位となっている。

安室自身は2002年に離婚したものの、コスペル調のコーラスや壮大な曲想もあって、今でもウェディング・ソングの定番となっている。同作で前年の「Don’t wanna cry」に続き、2度目の日本レコード大賞も受賞した。
総合2位はデジタルシングルとしては 唯一のミリオンヒット「Love Story」

総合2位は、2011年の両A面シングル「Sit! Stay! Wait! Down!/Love Story」の2曲目に収録されたフジテレビ系月9ドラマ『私が恋愛できない理由』主題歌の「Love Story」。同作はパソコン向けと当時の着うたフルを合計し、175万ダウンロードとなり、安室のデジタルシングルとしては唯一のミリオンヒットとなっている。

愛する人よりも自分の道を選んでいくという切ないラブ・バラードで、配信で大ヒットしても不思議ではない内容だが、さらにドラマ主題歌に起用され、さらにさらにドラマ終了後もコーセー「ESPRIQUE」やNTTドコモ「dヒッツ」のCMに起用され、その度に配信やカラオケでロングヒットを続け、配信は圧倒的なダウンロード数で1位、カラオケも2位となっている。ちなみに、CDシングルは累計16.2万枚で、これは22番目のセールス。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。