ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャンス・ザ・ラッパーの活躍で注目を集めるシカゴ音楽シーンの新星、ジャミーラ・ウッズの初来日公演をレポート

チャンス・ザ・ラッパーの活躍で注目を集めるシカゴ音楽シーンの新星、ジャミーラ・ウッズの初来日公演をレポート
 チャンス・ザ・ラッパーの活躍で注目を集めるシカゴ音楽シーンの新世代R&Bシンガー、ジャミーラ・ウッズの初来日公演が、1月23日にビルボードライブ東京で開催された。
 ジャミーラ・ウッズはシカゴ出身のシンガーで、同郷のアーティストであるチャンス・ザ・ラッパーのグラミー受賞作『カラーリング・ブック』をはじめ、関連作へ複数参加し話題に。2016年にはデビュー・アルバム『HEAVN』をフリーDLにてリリース、各音楽メディアの年間ベストに選出され、その後ボン・イヴェールも在籍する<Jagjaguwar>より商業リリースを果たした。ここ日本でも注目を集めている話題のシンガーの初来日公演とあり、会場には多くの音楽ファンが押し寄せ、彼女の登場を今かと待ちわびていた。
 バンド・メンバーがステージに登場すると、期待に満ちていた会場の空気が一気に緊張感あるものへと変わり、観客は静かにステージを見つめていた。「HEAVEN」のイントロが流れジャミーラがステージに登場すると静寂に包まれていた空気が一変、会場からは大きな拍手と歓声が送られ、初来日公演の幕は明けた。
 しなやかな歌声と浮遊感漂うメロディで会場を包み込むようにショウは進み、観客はその世界観に浸るように、リズムに身体を委ねていく。一つ一つの言葉を丁寧に歌う姿が印象的で、「LSD」「Emerald Street」ではシカゴの美しい情景が脳裏に浮かんでくる。ショウ中盤では新曲「GIOVANNI」を披露。力強いリズムが印象的な楽曲で、しなやかな中に芯のある歌声で、彼女の新たな一面を表現する楽曲となった。堂々としたパフォーマンスを披露していくなか、途中、歌詞が飛んでしまうアクシデントも。照れ笑いをする可愛らしい一面も見せていた。
 また、自身の「In My Name」とデスティニー・チャイルド「Say My Name」のマッシュ・アップやニルヴァーナの「Smell Like Teen Spirit」のカバーも含む全17曲が披露され、彼女の来日を待ち望んでいたファンも大満足するショーとなった。ジャミーラ・ウッズは今後、アメリカやフランス、ドイツなどで公演を控えている。世界のステージを経て、さらに磨きのかかったパフォーマンスで、また日本のステージに立ってくれることを待ちたい。

Photo:Masanori Naruse

◎公演情報
【ジャミーラ・ウッズ】
2017年1月23日(火) ※終了
ビルボードライブ東京

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

結成30周年を迎えたFLYING KIDS、新作アルバムを携えたビルボードライブ公演が決定
m-flo、3月にLISAの復帰作リリースとビルボードライブ東京で復活後初ワンマンの開催が決定。
「Close to You」や「Love Somebody」のヒットで知られるマキシ・プリーストの東阪来日ツアーが6月に開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。