ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モーターショーなのにスイーツ?ミニ四駆?札幌モーターショーがアツい理由

さっぽろ雪まつりの準備が始まった、北海道 札幌市。気温マイナス2度。凍てつく道路をスタッドレスタイヤを履いたクルマが駆けていく。

「またなんでこんな寒い時期にやるんだよ」と思わずつぶやいていた記者が、会場についてそのアツさに驚いた。

1月19日から21日まで、札幌ドームで行われた“北の大地の自動車祭典”、札幌モーターショー2018だ。

東京モーターショーの半分以下の規模で、なぜこんなに盛り上がっているか? 実際に会場をまわってみると、そのワケがわかった気がする。

札幌ドームで行われる札幌モーターショーは、ちょっとほかのモーターショーと違う。マウンドには、トヨタやメルセデスといった国内外のブースで埋まり、ドームをぐるっと一周するコンコースフロアには、飲食のほか、親子で楽しめる体験コーナーや、スイーツ女子たちが行列をつくるカフェコーナーが並ぶ。

雪国だからこそ? クルマ好きがハマる環境省ブース

環境省は、クルマ好きや走り屋や集まるモーターショーに、エコドライブを推進させるブースを展開。「日本列島、暑い地も寒い地も問わず、エコドライブを。雪国でももちろん、エコドライブはできる。しかも、ハマると楽しい」と来場者に伝えていた。

なぜ環境省がクルマの運転スタイルをアドバイスするか? 同省は、地球温暖化対策のための国民運動 COOL CHOICE(=賢い選択)を立ち上げ、その一環として、エコカー選択や、エコドライブをこうしたモーターショーなどで広めていく狙い。

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 国民生活対策室の迫越理班長や、平川達希係員もかけつけ、同省ブースを訪れた親子たちにエコドライブシミュレーターを「ぜひトライしてエコドライブを体感してみて」と伝えていた。

エコドライブシミュレーターで自分のエコ運転度を知る

このエコドライブシミュレータ、ハンドルとアクセルを操作し、モニター上で3分ほど疑似運転すると、燃費・ガソリン消費量・1年間にかかる無駄なガソリン代・年間のCO2排出量が表示され、さらに、標準的なエコドライブに対し自分の運転が「どの場面で無駄遣いしているか」がひと目でわかる。

「ぼくはマニュアル(MT)に乗ってるけるけど、このシミュレータを体験してみて、『オートマのエコドライブってこんなに感覚が違うのか!』って実感した。MTの運転にも使えるエコドライブポイントがあって、自分の運転のクセもわかって楽しかった」(30代男性)

ちなみに同省では、エコドライブについてのポイントを、次のような10項目で伝えている。

・最初の5秒でゆったり20km/hへ(燃費10%改善)
・車間距離をあけて加減速を減らす
・減速時は早めにアクセルオフ(燃費2%改善)
・エアコンを適宜オフ
・無駄なアイドリングをカット(暖機10分で燃料約130cc消費)
・渋滞を避け余裕を持って出発
・適正なタイヤの空気圧
・不要な荷物を下ろす(100kgの荷物で燃費3%悪化)
・走行の妨げとなる駐車をやめる
・自分の燃費を把握する

札幌モーターショーならではのコーナーもアツい

また、札幌モーターショーならではのイベントや飲食コーナーもアツかった。

ファミリーや女子グループを引きつけるスポットのひとつが、「さっぽろスイーツカフェ」。

このさっぽろスイーツカフェには、札幌市内の洋菓子店の味が集結。クルマやバイクをイメージした会場限定のオリジナルスイーツに、「ここだけでしか試せないスイーツがいっぱいある」と20代女性はキョロキョロ。レジには朝から行列ができた。

さらに、大きなツールボックスを抱えた子どもたちが向かうのは、「タミヤミニ四駆札幌モーターショー2018グランプリ」。会場では、ミニ四駆製作体験やフリー走行、タイムアタック大会が行われ、こちらも大盛り上がり。

自分がつくりあげた自信作を、メンテナンスコーナーで調整し、コースで走らせる……。ミニ四駆ファンは、子どもから大人まで幅広く、アツいレースが繰り広げられた。

―――規模は小さけど、なかはアツい札幌モーターショー。ファミリーやカップル、グループなど、老若男女幅広く楽しめるモーターショーを体感した。

 環境ビジネス
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。