ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【九州】デートで行きたい「冬絶景」12選!フォトジェニックな黒川温泉の湯あかりも♪

黒川温泉 湯あかり2018

寒いからこそ楽しめる雪化粧や花絶景、夕陽や灯りの祭典など、感動的な冬景色が九州・山口にはあります。

今回は、車や公共交通機関で簡単に行ける冬絶景をじゃらん編集部が厳選してご紹介します。

あったかランチ&立ち寄り温泉とセットで素敵なデートをしませんか?

記事配信:じゃらんニュース

1.草千里ヶ浜【熊本県阿蘇市】

美しき緑の世界が、冬は一面銀世界。雪と氷が生み出す圧巻の雪の草原。

草千里ヶ浜太陽が当たるとキラキラと雪が反射して眩しいほど。パノラマの銀世界、とくとご堪能あれ

\この絶景が見られるのは/

雪の日(1月~2月の寒い日)

〈時間帯〉日中

阿蘇を代表する絶景ビュー・草千里ヶ浜。緑豊かな草原が広がる牧歌的なイメージが強いけど、冬は景色が一変。緑の面影はどこへやら、あたり一面雪と氷で覆われ、真っ白な世界に。標高が高い所でしか見ることができない樹氷など、雪と氷が織りなす冬景色は見応えバツグン。360度ぐるり雪に囲まれる景色なんて、めったにないチャンス。幻想的な世界に浸ろう。 草千里ヶ浜

問合せ/阿蘇インフォメーションセンター

TEL/0967-34-1600

住所/熊本県阿蘇市草千里ヶ浜

営業時間/見学自由

料金/無料

アクセス/九州道熊本ICより1時間20分

駐車場/300台(有料)

「草千里ヶ浜」の詳細はこちら

ランチはココで!「ニュー草千里展望レストランASO BUONO」

ニュー草千里展望レストランASO BUONO(アソ ボーノ人参、大根、里芋、かぼちゃとボリューム満点のだんご汁。高菜飯との相性はバツグン

だんご汁&高菜飯の2名物草千里ヶ浜ビューで堪能。

草千里ヶ浜の真正面。2階の店内からは180度パノラマ絶景が広がり、どこに座っても特等席!ランチには熊本名物のだんご汁と高菜飯がセットになった定食がおすすめ。だんご汁は豆乳仕立てでまろやかな味わい。高菜はピリッとした味がクセになる。 ニュー草千里展望レストランASO BUONO(アソ ボーノ)

TEL/0967-34-0131

住所/熊本県阿蘇市永草2391-15

営業時間/11時~15時(LO14時)

定休日/不定

料金/だんご汁定食1080円

アクセス/九州道熊本ICより1時間20分

駐車場/300台(有料)

「ニュー草千里展望レストランASO BUONO」の詳細はこちら

ポカポカ温泉はココ!「ホテルグリーンピア南阿蘇」

ホテルグリーンピア南阿蘇

TEL/0967-67-2131

住所/熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石4411-9

営業時間/12時30分~19時

定休日/なし

料金/入浴料大人600円、4歳~小学生300円

アクセス/九州道益城熊本空港ICより55分

駐車場/170台

※露天風呂は天候により利用不可

「ホテルグリーンピア南阿蘇」の詳細はこちら

2.湯布院の朝霧【大分県由布市】

早起きした甲斐、大アリ!町を霧が包む夢のような絶景。

湯布院の朝霧蛇越(じゃこし)展望所から望む朝霧と由布岳。朝の光が一面を黄金色に染めていく。1月の日の出は7時台

\この絶景が見られるのは/

10月~1月

〈時間帯〉早朝

「前日の昼間が晴れて暖かく、夜は急激に気温が下がり、当日の朝は晴天で無風」という様々な自然条件が重なった時に現れる由布院名物「朝霧」。四方を山に囲まれた由布院盆地。すり鉢状の町が雲の海にすっぽり覆われ、なんとも幻想的な景色に。きっと誰もが心を奪われるはず。早朝に現れるため、出来れば前日から湯布院入りしてスタンバイするのがベスト。 湯布院の朝霧

問合せ/由布市商工観光課

TEL/097-582-1304

住所/大分県由布市湯布院町川西

営業時間/見学自由

料金/無料

アクセス/大分道湯布院ICより15分

駐車場/5台

「湯布院の朝霧」の詳細はこちら

ランチはココで!「森のsobacafe ゆふそら」

森のsobacafe ゆふそら国産のブランド肉・蔵王鴨を使用。温かい汁にそばを絡めてズズズッと豪快に召し上がれ

由布岳一望の絶景そば店、石臼挽きのそばをズズッと。

湯布院IC近く。お店の前は遮るものが何もなく、由布岳がパノラマで広がる。最上質な国内産のそばを自家製粉したそばに、高級フランス料理にも使用される鴨肉と、ネギが好相性の「鴨せいろ」など種類豊富。 森のsobacafe ゆふそら

TEL/0977-85-2502

住所/大分県由布市湯布院町川西字山口1750-136

営業時間/11時~17時(食事LO16時、飲み物LO16時30分)

定休日/水、木

料金/鴨せいろ1728円

アクセス/大分道湯布院ICより10分

駐車場/15台

「森のsobacafe ゆふそら」の詳細はこちら

ポカポカ温泉はココ!「山のホテル 夢想園」

山のホテル 夢想園(むそうえん)

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy