ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「インディ500」優勝の佐藤琢磨、2018年の戦い方は…

「インディ500」優勝の佐藤琢磨、2018年の戦い方は…
J-WAVEで放送中の番組「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。1月21日(日)のオンエアでは、「東京オートサロン2018」のブリヂストンブースで行われた、レーシングドライバー・佐藤琢磨さんとのトークショーの模様をお送りしました。

佐藤さんは、「インディ500」で優勝した2017年を振り返り、「最高でしたね」と話します。

「とにかく、このレースで勝つことは自分の夢だったんです。北米で挑戦して8年、レースを始めて20年、10歳の時に初めて鈴鹿でモータースポーツを知ってから30年が経ちますが、そこからのずっと長い夢だったので、それを叶えられたことは、自分の中でものすごく大きかったですね。」(佐藤さん 以下同)

ただ、レースに勝ち慣れるとか、常に表彰台に登るというのはまだできていないので、それを達成することが2018年の大きな目標だそうです。

佐藤さんによると、インディ500で優勝したことにより、「レースのラップタイムで『自分は速い』『自分は強く走れる』と証明する必要がなくなった」そう。「リスクマネジメントを考えながら、3番手の時は3位の車、5番手の時は5位の車というような走り方をしないと、年間チャンピオンにはなれないと思うんです」と、これからのレース運びについて語りました。

また、今シーズンは車やチームを変えて、新しいシーズンに挑みますが、「やらなきゃいけないことは山積みです。でもチャンスだと思っています。2017年にインディ500で勝てたのは、チームの組織的な強さと、エンジニアとメカニックたちの準備があったからこそなんです。だけど、自分の中ではもう一歩前進して、シリーズタイトルを取りにいきたいです」と意気込みを話しました。

「ずっと我慢に我慢を重ねて挑戦を続けてきたことが、2017年の成功に繋がりました。成功すると環境は黙っていても付いてくるので、2018年は今の自分が選べる最大の環境を手に入れたと思っています。」

新しい環境で挑む2018年。佐藤さんがどんな活躍を見せてくれるのか、今年も期待しましょう!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組名:「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」
放送日時:毎週日曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy