ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【胸熱動画】競うだけがスポーツじゃない。競泳メダリスト星奈津美含む7人の“自分への挑戦”

【胸熱動画】競うだけがスポーツじゃない。競泳メダリスト星奈津美含む7人の“自分への挑戦”

東京オリンピック・パラリンピックまであと900日と少し。トップアスリートによる究極のせめぎ合いは、きっと感動をあたえてくれるでしょう。しかし、スポーツはメダルを取ることだけではなく、自分自身へのチャレンジでもある。そう感じさせてくれる胸熱の動画が23日に公開されました。

動画をリリースしたのは東京オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー、野村ホールディングス株式会社。タイトルは「みんなの自己ベスト」で、約9分のドキュメントムービーです。

出演しているのはロンドンオリンピック、リオオリンピックのバタフライ200mで2大会連続銅メダルを獲得した元競泳日本代表の星奈津美選手と、小学4年生の女の子、現役トライアスロン選手でもある70歳の男性、小学4年生の車椅子の男の子、障害がいを持つ男性、高校2年生の男子、車椅子バスケ選手。バックグラウンドの違う7人が、年齢、性別、ハンディキャップに関わらず「自己ベスト更新」に挑む水泳プロジェクトです。

それぞれの自己ベストを乗り越えるため、1ヶ月間のトレーニングを実施。本番では7人がタイムの遅い順にスタートし、全員が自己ベストを記録すれば同時にゴールとなります。つまり、最も記録を伸ばした人が一番にゴールするのです。

7人分のドラマが凝縮

星選手は動画内で「みんなで自己ベストを更新するという目標を持ってスタート台に立って飛び込むので、心強い気持ちもあってワクワクしています」とプロジェクト開始の心境を語りました。この動画には、参加者7人分のドラマが凝縮されています。

タイムが伸び悩み、水泳をやめたいと思っている小学4年生の中ノ内寧咲ちゃん。60代の体力を取り戻したいと意気込む、70歳現役トライアスロン選手の和田雅幸さん。50m泳ぎ切ることに挑んだ、水泳初心者で車椅子の河田凌太くん。「車椅子だからと言われたくない。自分の可能性を広げたい」と語るパラ・パワーリフティング日本ジュニア代表、奥山一輝さん。中学2年時に出した自己ベストを越えようと努力する高校2年生、山口大貴くん。「障がいを抱えてから、泳げるかは未知数。今までにない自分に出会えるかもしれない」とした車椅子バスケットボール選手の西村元樹さん。それぞれの想いを胸にスタート台に立った7人は、順番にプールへ飛び込んでいきます。

足の不自由な凌太くんが、両手を一生懸命使って前に進む姿は、どんなフォームよりも美しく見えました。50mを泳ぎ切り、共にチャレンジした仲間が凌太くんのもとへ。そしてピースサイン。このシーンは落涙必至です。 その他の自己ベストを更新した人たちの、弾けるような笑顔とガッツポーズもとても魅力的です。ぜひこの、どんな色のメダルよりも輝いている挑戦者の姿をご覧ください。Woman’s SHAPE&Sports(ウーマンズ・シェイプ&スポーツ)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy