体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帝王切開開始からおよそ30分…いよいよ双子と対面! 力強い産声に思わず涙… by ウラク

帝王切開開始30分後、いよいよ双子との対面の瞬間を迎えます。

終盤はとにかくお腹をプッシュ、プッシュ。 猛烈な吐き気に襲われましたが、食べてないので吐くものはない。

f:id:akasuguedi:20180115173156p:plain 前回エピソード:“まな板の上の鯉”がサケに!? ああ~、腹かっさばかれてるなう(痛くないけど) by ウラク f:id:akasuguedi:20180115173246p:plain f:id:akasuguedi:20180115173312p:plain f:id:akasuguedi:20180115173332p:plain f:id:akasuguedi:20180115173359p:plain f:id:akasuguedi:20180115173407p:plain

産声の、なんと力強かったことか。

小さく産まれたことを一瞬忘れてしまうほどでした。

その後、双子はすぐにNICUへ。

希望していたカンガルーケアはできなかったものの、看護師さんが少しずつだけ、触れさせてくれました。温かかった!

先生をはじめ、立ち会ってくださったスタッフの皆さまには感謝の一言に尽きます。

帝王切開のないころ、こんなにいろいろと医療の整ってないころだったら、私は子どもたちを無事に産めていたんだろうか。医療の進歩バンザイ。

f:id:akasuguedi:20180115173524p:plain f:id:akasuguedi:20180115173541p:plain

この後さらに初体験が待っていました。どうりでこんなに寒かったわけか…。

f:id:akasuguedi:20180115173601p:plain 関連エピソード:「産んだほうが安全です」呑気に構えていた35週の妊婦健診…急遽、2日後に出産することに! by ウラク f:id:akasuguedi:20161202162307p:plain

著者:ウラク

年齢:27歳

子どもの年齢:1歳

2015年に二卵性の双子(姉弟)を出産。「双子育児、大変すぎて全然覚えてない!」ということにならないよう、インスタグラムに育児絵日記の投稿を開始。ボールペン1本で綴る双子との毎日を絶賛公開中。

【新刊情報】話題のふたご育児日記が待望の書籍化!『ウラクさんちのふたごちゃん(セブン&アイ出版)』

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

“まな板の上の鯉”がサケに!? ああ~、腹かっさばかれてるなう(痛くないけど) by ウラク
産後すぐムスメはNICUで検査入院に。母である私がムスメのためにできる事、すべき事は…? byきたあかり
「あー怖い。 怖いよー」緊張MAXの帝王切開当日、頭真っ白な私を救った母の金言 by ウラク

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。