ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダンボールでできたファミコンがすごい、しかもこいつ……動くぞ

 ダンボールで作った工作物を使って遊ぶNintendoSwitchの新しいゲーム『Nintendo Labo (ニンテンドーラボ) 』が発表となり話題となっていますが、ダンボールを使って作られたいにしえのゲーム機が実に精巧にできていると話題です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ダンボールクラフターとしていくつもの作品を制作、その様子などをニコニコ動画にも配信しているうぷあざ棟梁さんの作品。
「ダンボールとニンテンドースイッチを組み合わせた『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』が話題ですが、とりあえず私のダンボールファミコンとゲームボーイアドバンスを見てくれ!」と作品をツイッターに投稿しています。

ダンボールとニンテンドースイッチを組み合わせた「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」が話題ですが、とりあえず私のダンボールファミコンとゲームボーイアドバンスを見てくれ!#ダンボール #NintendoLabo #ニンテンドーラボ pic.twitter.com/oD7Uddrz1V

— うぷあざ棟梁(ダンボール建築の人) (@upaza_toryo) 2018年1月18日

 その作品、色はダンボールそのものですが、形はまさにあの懐かしのファミコンとゲームボーイアドバンス。しかも、このファミコン……何かコードが出てる。これはいったい……?


 実はこのダンボールファミコン動くんです。操作はコントローラーの十字キーで電源はカセットに仕込まれた乾電池。このカセットも本物そっくり。しかも乾電池の交換がしやすいように脱着可能。どこまでも本物に寄せて作られています。ちなみにファミコン本体がそのままウィーンと走るのですが、その電源スイッチもファミコン本体の電源スイッチを操作する事でオンオフ可能というこだわりぶり。背面の各種スイッチ部分もそのまま再現されています。

 このファミコンが作られた動機というのが、本物のファミコンを改造して作られた動くマシンに自作のダンボール戦車が負けたからという……方向性、そっち??
そしてゲームボーイアドバンスはというと、こちらもどこまでも本物そっくり。本体のなめらかな曲線も見事に再現されておりカセットも取り外しできてしまうという芸の細かさ。

 背面の電源コネクタの部分もそのまま電源コードが差せそうなくらい完璧。これ画面が液晶だったらそのまま動かせるんじゃ?とつい思ってしまうくらいです。


 この作品を作る過程はニコニコ動画で公開されています。また、他の作品も残らずハイクオリティで見たらびっくりさせられますよ。
ダンボールで作ったファミコンで本家ファミコンラジコンと対戦!(前編)

<記事化協力>
うぷあざ棟梁(ダンボール建築の人)さん(@upaza_toryo)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

北国勢からのアドバイスが「北から目線」に続々 雪道は猫背気味に歩く!など
親としてできること…千葉・松戸小3女児殺害事件、被害者家族の思い
あくまで迷信だけど……不動産屋が語る「こういう場所はヤバイ!」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。