ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南京錠スペアキーに空き缶をリサイクルしてみた

南京錠スペアキーに空き缶をリサイクルしてみた

南京錠は2~3つのキーとセットで販売されていますが、スペアキーを保存していたつもりでもいつの間にか紛失してしまうことがほとんど。そこで何度でも再生できる空き缶を、南京錠のスペアキーにもリサイクルしてみました。空き缶で作ったスペアキーは紙のように薄いのですが、しっかり解錠が可能です。

南京錠スペアキーを作る型取り手法

南京錠のスペアキーを作るための型取りの手法は2通りあります。コピー機で型取りする方法と、ライターを使って型取りする方法です。どちらでも道具が揃う方で準備すればOKです。

コピー機で南京錠のスペアキーを型取りするなら、アウトラインが出る面を下向きにセット。キーがプリントされた紙をハサミで切って型を取ります。ギザギザの部分を丁寧に処理するのがコツです。

ライターで南京錠のスペアキーを型取りする場合は、キーの形が出ている面を炙ります。表面に黒いススが発生するのでセロテープを貼ってススを転写。黒くなった部分がキーの形や凸凹を示しているわけです。

南京錠スペアキーは素材がポイント

空き缶を南京錠のスペアキーにリサイクルするには、型取りした紙もしくはススを転写したセロテープを貼って、型に沿ってハサミでフタを切っていきます。キーを囲むようにカットしてから、細部を調整して出来上がりです。

南京錠のスペアキーのDIY自体は簡単。ポイントになるのは素材の強度です。そこで、複製に適した素材を探してみました。1つは、プルタブが付いた食品の缶詰め。ホールトマトやシーチキン缶に多いタイプです。なお、底はやや薄いため、南京錠のスペアキーには心許ない印象でした。

もう1つは、缶コーヒーに多い細いスチール缶の底部分。面積が狭いため持ち手が小さくなりますが、力を入れずに解錠可能。なお、同じスチール缶でも胴部分の素材でスペアキーを作ると、パッケージの柄で粋なデザインに仕上がります。しかし、底面と違って柔らかいため、強度が足りず解錠できませんでした。

関連記事リンク(外部サイト)

開錠されても気づかない電動ドリルの侵入手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
車のリモコンキーを1分弱でコピーできる裏ツール
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
スマートキーも無効!?自動車盗難の最新手口

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。