ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】乃木坂46『僕だけの君~Under Super Best~』都道府県別売上を前アルバムと比較

【深ヨミ】乃木坂46『僕だけの君~Under Super Best~』都道府県別売上を前アルバムと比較
 1月22日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”で、乃木坂46『僕だけの君~Under Super Best~』が100,278枚を売り上げ1位を獲得した。

 『僕だけの君~Under Super Best~』は、乃木坂46初のアンダーアルバム。本作には、2012年のデビューシングル『ぐるぐるカーテン』から、最新シングル『いつかできるから今日できる』まで全19作のシングルに収められている歴代アンダー楽曲に加え、グループを卒業した中元日芽香のソロ曲を含む新録曲なども収録されている。

 白石麻衣や西野七瀬などお馴染みのメンバーが不在のアルバムだが、初動3日間では74,107枚を売り上げ、週間チャートでも2位以下にダブルスコアを付けての首位獲得となり、乃木坂46の支持の厚さがうかがえる結果となった。今回は2017年5月にリリースされたアルバム『生まれてから初めて見た夢』と、『僕だけの君~Under Super Best~』の都道府県別初動売上をSoundScanJapanより抽出し、それぞれのTOP10を比較、セールス動向を追った。

『生まれてから初めて見た夢』
2017/5/24 RELEASE
1位 東京
2位 愛知
3位 神奈川
4位 埼玉
5位 大阪
6位 千葉
7位 北海道
8位 福岡
9位 兵庫
10位 茨城

『僕だけの君 ~Under Super Best~』
2018/1/10 RELEASE
1位 東京
2位 神奈川
3位 埼玉
4位 愛知
5位 大阪
6位 千葉
7位 福岡
8位 北海道
9位 茨城
10位 兵庫

 まず『生まれてから初めて見た夢』では、2位が愛知、続く3位に神奈川、4位に埼玉だったが、『僕だけの君~Under Super Best~』では、神奈川と埼玉が2位、3位にランクアップ、関東圏からの支持が目立つ結果となった。しかし順位は変動するものの、TOP10に入る都道府県は2作品とも変わらず、関東圏を中心に全国的な支持がうかがえる。アンダーメンバーは選抜メンバーに比べメディア露出が少ないが、アンダーメンバーのみが出演するライブが全国で開催されており、ライブを通してアンダー楽曲の認知度が上がり、このような全国的なセールスに繋がったと考えられる。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】乃木坂46『僕だけの君 ~Under Super Best~』が総合アルバム首位 DL1位の水樹奈々『THE MUSEUM III』が続く
乃木坂46が高速ダンスを披露、バイトル新CMが完成
【ビルボード】乃木坂46初アンダーアルバム『僕だけの君 ~Under Super Best~』が10万枚超を売り上げ週間アルバム・セールス首位

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。