ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫を売らない猫のお店のオンラインショップ

こんにちは。少し前にお正月だったはずなのに、気が付けばもう1月後半ですね。猫の館MEの地元浦安では成人式は毎年某巨大テーマパークで式典が行われネズミさんがメディアに賑やかしく登場していますが、私たち猫族も負けずと活動していますよ。
館の2018年卒業生第1号に写真の『ふく』くんが決まりました!今年もどんどん続いて欲しいと願っています。

さて、私たち猫の館MEは保護猫の譲渡活動を続けるために、猫を売らない猫のお店として、皆さんにお買い物をしていただくことで利益を上げています。そのため店舗面積の約2/3はストアが占めていて、日々、愛猫さんがお家にいるかたがフードや猫用品を買いにいらしたり、猫カフェで遊んだかたがついでに雑貨を買って帰られたりと、ご利用いただいています。

お店のSNSでは、日々、猫スタッフの写真だけでなく、コマーシャル的に商品の紹介もたくさんしています。この写真は今年の秋冬物のオススメの猫ベッド。この時は重役スタッフの美人広報『おかつ』がモデルです。商品の紹介だけでなく、使い方の提案や暮らしのヒントなども盛り込んで紹介しているのが特徴ですよ。

この猫ベッドを紹介した際は、せっかく新しいベッドを設置したのに、お家の猫さんが使ってくれない時は、こんなふうに自宅にあるバスタオルやブランケットなどを敷いてみてください。というアドバイスも加えました。そうすることにより、あーら不思議。すんなり使ってくれるようになることも多いのですよ。

人が使って楽しめる雑貨も、わくわくするお品の仕入れを頑張っています。こちらは12月のストアの中央の島をクリスマスグッズで飾っている写真です。SNSで商品を日々たくさん発信しているので、館から遠くにお住まいでお買い物に来られないかたから、今までもたまに送料を払うから送って欲しいというご依頼をいただくこともしばしばあり、かねてからオンラインショップの開設は私たちも悲願でした。

昨年9月22日に、ようやくその念願のネットショップがオープンしました!その名も「ネコンシェルジュME」です。

実店舗にお買い物に来るかたの多くが、猫家族のフードやトイレの相談をされたりと、ただお買い物に来て会計して終わりということが少なく、たくさんお話をしながら愛猫さんのために真剣に商品を選んでいることを痛感しています。
たとえWEBショップであっても、相談相手になりたい。つまりは猫さんためのコンシェルジュとして、お客様とつながりたい。そんな想いを込めて私たちのオンラインストアの名前を「ネコンシェルジュME」と名付けました。

限られた人数で運営しているため、商品掲載は日々頑張って増やしていますが、発送日が当面は月曜と金曜と限られていて「お急ぎません便」のような状態ではありますが、これからも商品を充実させてゆく予定です。実店舗同様にこんな商品を取り扱って欲しい、などのリクエストはぜひお知らせください。
お買い物=保護活動に参加していただけると幸いです。

ご寄附や物資の支援も嬉しいのですが、皆さんが毎日のフードや猫砂を継続的に買ってくださったり、「猫を売らない猫のお店」猫の館MEとネコンシェルジュMEでわくわくお買い物をすることで、保護猫たちのお家さがしを続けられます。私たちの目標である「保護猫を家族に迎える文化が当たり前の世の中になる」ということに少しでも近づくことが出来るよう、ぜひネコンシェルジュMEをご利用ください。
3代目店長の『やや』ちゃんからもお願い申し上げますにゃん。

著者:猫の館ME 小倉則子

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。