ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホで遠隔操作する移動式ロボット防犯カメラ

スマホで遠隔操作する移動式ロボット防犯カメラ

防犯カメラは1か所に固定するタイプが主流。操作できてもカメラの向きを変えるくらいまででしょう。ところが、スマホで本体を自在にコントロールできる移動式ロボット型の防犯カメラが登場しました。ラジコン感覚で自由自在に防犯カメラを移動させられます。その実力を詳しく見ていきましょう。

スマホで遠隔操作できる防犯カメラ

サンワサプライの「アボットライリー RB-RILEY」は、スマホで遠隔操作できる、移動式ロボット防犯カメラ。スマホでプレビューを見ながら、ラジコンの要領で前後の移動、左右に回転、角度調節など、細かい動きを指示できます。

防犯カメラは定点観測タイプが基本ですが、ここまで撮影場所の自由度が高いカメラは、そうそう無いでしょう。ゴム製のキャタピラによって、凹凸のある場所でもスイスイ走ることが可能です。

ちょっとした段差やケーブル、ラグがあってもつまづかずにガンガン走れます。しかも、転んでも自分で起きがるというタフさ。万が一転んで倒れても大丈夫です。ボタンを1つで、自力で起き上がります。

さらに、充電台が1m以内にあれば、自動で充電台に上がって充電をスタート。自分で充電器に戻る姿はあのロボット掃除機を思い出します。

防犯カメラの基本機能は抜かりない

遠隔操作で防犯カメラの首を上に向ければ広範囲で撮影可能。明るい部屋であれば人物の特定には十分です。暗い部屋でも赤外線LEDにより明るく撮影できます。ただし、コントラストはやや低めでした。

もちろん、双方会話や赤外線撮影、動きを感知して10秒録画&スマホに通知といった、防犯カメラとしての基本機能は抜かりなく装備。定点観測も可能で、動きを検知すると自動で録画してスマホに通知してくれます。

対応アプリは「appbot」でApp StoreとGoogle Playから入手可能。解像度/フレームレートは1280×720ドット/30fps、暗視撮影は赤外線LED×1灯です。撮影した映像は接続したスマホに保存します。電源は内蔵充電池で、サイズ/重さは120W×102H×100Dmm/290g。実勢価格は29,800円です。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy