ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表

アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表

 SoundScan Japanによる2017年のアナログ・レコードのセールスが、2016年に対しての前年比132%となっていることがわかり、売上のTOP5が発表された。

 近年、音楽の聴き方においてダウンロードやストリーミングが主流になろうとしている中、一方でアナログ・レコードのセールスも伸びている。全米ではアナログ・レコードのセールスは12年連続で増加しているが、日本国内で見てもセールス動向は変化を見せている。SoundScan Japanによると、2017年の国内アナログ販売数は前年比で132%の増加。また、2016年の前年比も133%であったことから2015年以降日本でのアナログ販売数も上昇傾向にあると言える。特に「レコードの日」や「レコード・ストア・デイ」の後押しがきっかけとなりアナログ盤のリリースやショップに足を運ぶ人が増えたということが大きな要因となっていると思われる。

 そして、シングル/アルバムセールスのTOP5が発表され、シングルの1位はCornelius『あなたがいるなら』、アルバムの1位はRADWIMPS『君の名は。』が獲得した。シングルでは、Corneliusが10年半ぶりに発表したアルバム『Mellow Waves』より、シングル・カットとして先行でリリースされた『あなたがいるなら』のほか、2位の『いつか/どこか』、5位の『夢の中で』とTOP5中3曲を占めている。またアルバムでは、2016年に大ヒットを記録した映画『君の名は。』のサントラが堂々の1位に輝き、スピッツが1995年に発表したアルバムの再発である『ハチミツ』が2位、ソロ名義で約6年ぶりのアルバムとなった桑田佳祐の『がらくた』が3位にランクインしている。

◎シングル・セールスTOP5
1位『あなたがいるなら』Cornelius
2位『いつか/どこか』Cornelius
3位『Swallowtail Butterfly~あいのうた~7inch analog record single』YEN TOWN BAND
4位『NIAGARA 45RPM VOX』大滝詠一
5位『夢の中で』 Cornelius

◎アルバム・セールスTOP5
1位『君の名は。』RADWIMPS
2位『ハチミツ』スピッツ
3位『がらくた』桑田佳祐
4位『まばたき』YUKI
5位『ラッキー&ヘブン』ザ・クロマニヨンズ

※SoundScan Japan調べ

関連記事リンク(外部サイト)

コーネリアス 来年『Mellow Waves』引っ提げたメキシコ&北米ツアー
コーネリアス 新曲「夢の中で」MV公開! ジャケットTシャツも販売スタート
新海誠監督、『君の名は。』メガヒットの理由 「ラインに負けないような…」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。