ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カースーテーラ大好き!全国高校サッカーで「謎のエール交換」 青森山田VS長崎総科大附は応援団も熱かった

カースーテーラ大好き!全国高校サッカーで「謎のエール交換」 青森山田VS長崎総科大附は応援団も熱かった

 年末年始、ほとんどの人たちが旅先や家でまったりと過ごしている頃、試合開始のホイッスルが鳴る瞬間を心待ちにしている人たちもいました。

 2017年12月30日から2018年1月8日にかけ開催された『第96回全国高校サッカー選手権大会』。全国各地から未来のサッカー界を背負うであろう選手たちが一斉に集結する夢の舞台。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この日にかけてきた選手たちの思いは、並々ならぬものだったのではないでしょうか。2018年1月8日に行われた決勝戦では、流通経済大柏高校(千葉)と前橋育英(群馬)が闘い、0対1で前橋育英が勝利を飾りました。

 そんな白熱した試合が繰り広げられている中、ピッチに立つ選手たちだけでなく、ベンチの応援団員たちも密かに注目を集めていたようです。Twitterユーザーのえんりゅうさんは、ベンチからある応援団の様子をスマホで撮影。この動画が「エール交換が面白い!」とTwitterで4800件以上もの「いいね」が付き、話題になっていました。

 2018年1月3日行われた3回戦『青森山田 VS 長崎総科大附』のベンチでの一コマ。緑色のユニフォームに赤いメガフォンを持った青森山田の応援リーダーの男子生徒が「カステラ大好き!」と大声で叫んだあと、団員が続きます。むむ? こちら長崎名物「カステラ」にかけたのだなと速攻で理解できたあと……、

「カースーテーラ大好き、カステラ、大好き♪」

と、野太い声で相手高校へラブの気持ちを2回伝えます。その後……熱い視線で相手の反応を見守る青森山田の応援団たち。
カースーテーラ大好き!全国高校サッカーで「謎のエール交換」 青森山田VS長崎総科大附は応援団も熱かった突如始まった青森山田の「カースーテーラ大好き、カステラ、大好き♪」

 あまりにも意表をつかれたのか、ピンクのユニフォームを身にまとった長崎総科大附側の応援団ベンチでは少しザワザワ。「どうする?(ヒソヒソ) どうこたえる?(ヒソヒソ)」とでも相談しあったのか、その後思いついたお返しエールがこちら!
カースーテーラ大好き!全国高校サッカーで「謎のエール交換」 青森山田VS長崎総科大附は応援団も熱かった突然のふりにざわつく長崎総科大附側

「あーおーもーりー大好き、青森大好き!」

と3回繰り返してエールのお返し。
カースーテーラ大好き!全国高校サッカーで「謎のエール交換」 青森山田VS長崎総科大附は応援団も熱かったでもすぐさまお返し「あーおーもーりー大好き、青森大好き!」

 ツイートには「名産品が浮かばなかったパターンか」「長崎さん、そこは『りんごも大好き~』とかにしないと」などツッコミも見受けられました。

 なお、唐突に始まったエール交換に、即座に対応した長崎総科大附に青森山田は、称賛の意味を込めてか、メガフォンを手で叩き拍手をおくっていました。

青森山田と長崎総附の謎のエール交換!?

青森「カステラ大好き〜♪」
長崎「青森大好き〜♪」

面白い😂#全国高校サッカー選手権大会 #青森山田 #長崎総科大附 #郷家友太 #中村駿太 #安藤瑞季 pic.twitter.com/9ZVnPfkqnu

— ⚽️えんりゅう⚽️ (@enryu_FC_TOKO) 2018年1月3日

 今回のエール交換について、両校に話しを聞いてみました。まず青森山田に聞いたところ「今年のエール交換は必ずやる!」と決めていたそうです。エール交換は毎年恒例ではなく、選手の耳には届きづらいけれど、応援団の士気の高まりを目的に行ってきたとか。また、長崎総科大附側も「とくに事前申し合わせ等はありません。即興でやりとりしたものものです。」とコメントしています。

 動画をみる限りでは、もしかしたら両校とも打ち合わせをしているのでは? と思ったのですが、全くの即席だそうです。リズムはエール交換の物を引用し、応援団長が考えたというのですから、驚きでした。

 今回話を伺った青森山田は前回覇者。2連覇を狙っていましたが、この試合で敗退しています。取材に応じてくださった、サッカー部スタッフの方は敗退が決まった直後が今回の全国高校サッカーで最も印象に残っているといい「スタッフがピッチで立ち尽くしていた選手を労っていた所を見たとき。スタッフと選手の絆が見えた」と語っています。

 一つ一つの試合に物語があり、うれし涙を流す者があればくやし涙を流すものもある。そして応援席にはそれを見守り支える人たちが必ずいる。即席で行われた応援団たちの熱いエール交換。高校サッカーでは試合の外でも沢山の物語が生まれています。

<取材協力>
青森山田高等学校
長崎総合科学大学附属高等学校

<記事化協力>
えんりゅうさん(@enryu_FC_TOKO)

(黒田芽以)

関連記事リンク(外部サイト)

『姐さんお気を付けなすって』って言っている?猫二匹のワル顔が話題
0点だった漢字のテスト、小学男児の柔らか発想に「これは100点あげたい」
避妊だけじゃない。女性の体と心の悩みとピルの効用が話題

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy