体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カニ・ブリの海鮮丼から絶景まで!インスタ映えしそうな和倉温泉へ【石川】

能登海鮮丼みとね

2017年の流行語大賞になった「インスタ映え」。

今年もまだそのブームは続きそう。

という訳で、今回は温泉を楽しみながらインスタネタも豊富な場所をご紹介したいと思います。

それが「東海エリア在住者が選ぶもう一度行きたい温泉地ランキング2018年で3位になった和倉温泉!

カニ・ブリ・のどぐろ・アンコウ…。

和倉に来たら、新鮮な魚介をたらふく食べたいもの。

七尾湾は「天然の生簀」と呼ばれ、多種多様な魚が生息しています。

まずはそんな豪快な海鮮丼を真俯瞰で。

さらに、温泉に浸かりながら海を眺める足湯スポット、湾の真ん中から眺める絶景スポットなど、海沿いならではの景色も押さえておきたいところ。

忘れちゃいけないのが和倉温泉のゆるキャラ(R)の「わくたまくん」撮影スポット。

たくさん写真を撮って旅の思い出をUPしちゃいましょ。

記事配信:じゃらんニュース

能登海鮮丼みとね

きらきら、艶やか宝石箱の海鮮丼&甘エビ・香箱ガニ・ブリ…がのった冬限定のアイドル丼。

能登海鮮丼みとね10種類のネタがのる「能登海鮮丼」2052円(左)と、冬限定で甘エビ・香箱ガニ・ブリのアルファベットの頭文字をとったAKB丼2592円(右)能登海鮮丼みとねお店は温泉街の中心にあります能登海鮮丼みとねゆったりとした店内

温泉街にある老舗「信寿し」の姉妹店で、修業した熟練の技を花開かせた丼が味わえます。

お茶をセルフサービスにして、上質な鮮魚を原価ギリギリで提供。

この時期はブリやカニが旬を迎え、脂ののったブリのとろりとした舌触りに、悶絶! 能登海鮮丼みとね

TEL/0767-62-0077

住所/七尾市和倉町ワ部23-3

営業時間/10時~LO20時

定休日/月(祝の場合翌日)

駐車場/共有で10台

「能登海鮮丼みとね」の詳細はこちら

和倉温泉総湯

広い休憩施設も完備。地元民も通う憩いの湯。

和倉温泉総湯外にある飲泉所。温泉地のキャラクターがお出迎え和倉温泉総湯和倉の伝統と格式を象徴するような贅沢な造り和倉温泉総湯女湯の大浴場。奥に露天風呂があります

温泉街の中心にある大きな暖簾が目印。

木をふんだんに使い、休憩所の広々とした畳も心地よいです。

浴槽は露天風呂や立ち浴槽、サウナなどもあり、この充実ぶりで440円はお値打ち!

外には足湯と飲泉所もあり、まさに到れり尽くせりの総湯です。 和倉温泉総湯

TEL/0767-62-2221

住所/七尾市和倉町ワ部6-2

営業時間/7時~21時

定休日/毎月25日(土日の場合、翌月曜)

アクセス/大人440円、小学生130円、未就学児50円

駐車場/90台

「和倉温泉総湯」の詳細はこちら

能登島大橋

橋のど真ん中で、絶景を愛でる。

能登島大橋能登島大橋ロードパークから、橋の全景が見られます能登島大橋レンタサイクルを借りて、自転車で走っても気持ちよさそう

和倉と能登島をつなぐ全長1050mの大橋。

車で通るのも爽快ですが、おすすめは歩いての絶景観賞。

橋の両端に駐車場があり、そこに止めて歩道を進むと、温泉街や市街地が見えてきます。

海の上から見る絶景は、ちょっぴり鳥になった気分♪ 能登島大橋

TEL/0767-53-8424(七尾市産業部観光交流課)

住所/七尾市石崎町~能登島須曽町

駐車場/あり

「能登島大橋」の詳細はこちら

能登食祭市場

道の駅でジュ~ジュ~。カニも能登かきも豪快に。

能登食祭市場セットメニューは1980円~。席料1人310円(市場内購入の持込は1人520円)能登食祭市場冬季メニューのカニ足セットは1肩で1300円(写真は2肩)能登食祭市場グルメ館では能登牛も食べられます

温泉街から車で15分のところにある道の駅。

七尾湾で水揚げされた朝獲れの鮮魚や地元特産品が並びます。

名物は市場内で購入した魚が焼ける「浜焼きコーナー」。

セットメニューもあり、冬季限定のカニ足や能登かきも豪快に焼いて食べられます。 能登食祭市場(のとしょくさいいちば)

TEL/0767-52-7071

住所/七尾市府中町員外13-1

営業時間/8時30分~18時(グルメ館は11時~。終了は店舗により異なる)

定休日/火(祝の場合営業、1/1は休、7月~11月は無休)

駐車場/250台

「能登食祭市場」の詳細はこちら

妻恋舟の湯

七尾湾を眺めてゆったりタイム。

妻恋舟の湯

湯っ足りパーク内にある足湯で、松並木の奥に七尾湾・能登島大橋も見えます。

一度に50人以上浸かることができる広さで、ゆっくり過ごせるのも魅力。

冬の時期は七尾湾側を一部閉めてしまうので、寒さを気にせずいられるのもありがたいですね。 妻恋舟(つまこいぶね)の湯

TEL/0767-62-1555(和倉温泉観光協会)

住所/七尾市和倉町ひばり1-1

営業時間/7時~19時

定休日/天候により休みあり

駐車場/30台

イルカウォッチング・イルカスイム

能登島ではこんな楽しみかたも!

イルカウォッチング・ イルカスイム

七尾湾には何とイルカが生息して、気軽にイルカウォッチングが楽しめます。

また、夏にはイルカと一緒に泳ぐことも!七尾湾、魅力的すぎる!

湯っ足りパーク緑地ひろば(わくたまくんパーク)

公園のあちこちに出没!温泉地マスコット。

湯っ足りパーク緑地ひろば(わくたまくんパーク)松と芝生の和テイストの公園に、いろんなコスチュームで登場。屈託のない笑顔に癒され、思わず撮影したくなるほどカワイイ! 湯っ足りパーク緑地ひろば(わくたまくんパーク) 湯っ足りパーク緑地ひろば(わくたまくんパーク)

和倉温泉を発見したとされるシラサギが産んだ卵「わくたまくん」が、温泉地のキャラクターとして人気。

お土産グッズも多数あり、公園内では6体のわくたまくんが、さまざまなコスチュームでお出迎え。

思わず一緒に写真が撮りたくなります。 湯っ足り(ゆったり)パーク緑地ひろば(わくたまくんパーク)

TEL/0767-62-1555(和倉温泉観光協会)

住所/七尾市和倉町ひばり1-1

駐車場/30台

※この記事は2017年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【四国】絶対行きたい観光スポット66選!定番絶景スポットから穴場まで。
ハンズカフェでにゃらん、見~つけた♪可愛すぎる限定メニューを食べてきた!
オーガニック、マクロビ、ヴィーガン♪健康食でキレイになれる宿4選【関東近郊】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。