ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【1月公開の注目映画】編集部のおすすめ5選

(C)ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

1.『5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜』

5パーセントの視力で見る世界はどんなに怖く、心細いだろうか。 ましてや、一流ホテルのおもてなしなんて…。
そんな周りの懸念をもろともしない圧倒的な意思とひたむきな努力、限りのない情熱。スクリーンの彼を追ううちに胸がいっぱいになる。
だって、この映画は、真実なのだ。
10代の時にほぼ全盲に近くなってしまったある男性の実話に基づいた物語。
現実的であれと告げる周囲の助言を意に介さず、夢を叶えるため、数々の逆境を乗り越えていった実在のサリヤ・カハヴァッテの軌跡だ。

ドイツ人の母、スリランカ人の父の間に生まれたサリヤ・カハヴァッテ、通称“サリー”。両親と美しい姉に自慢の料理を振る舞い、語るのは、彼のかねてからの夢。それは、一流ホテルの立派なホテルマンになることだった。
ところが突然、目の前が“真っ暗に”。
たとえではない。彼を襲ったのは、先天性の病気による網膜剥離だった。
手術をしてなんとか保てたのは、たった5パーセントの視力。サリーは自分の夢を諦めたくなかった。
「普通の学校を出て、一流ホテルで働きたい!」
理解のある母と献身的な姉、そして、誰よりも早くサリーの真実に気づき、心熱くサリーを思う戦友マックスの協力を得て、障がい者であることを隠し通してホテルマンになるという前代未聞の挑戦が始まる。

主演のコスティア・ウルマンは特注のコンタクトレンズと視野の95%を奪う特別な訓練用ゴーグルを使いながら、綿密に準備し役に挑み、撮影中は、サリヤ本人と共に日々を過ごした。
サリヤは、“スクリーンのサリヤ”を絶賛した。
「僕たちは全く同じ波動の中にいたし、とても楽しんだ。コスティアは詳細にわたってどんなことも理解しようとした。彼は僕が知覚するように自分の聴力を訓練したんだ。映画製作の終わりころには、コスティアは僕たちを耳で聞き分けていたよ」

夢見ること。その夢を形にするために努力を惜しまないこと。
その努力と同じくらい、ユーモアを忘れないこと。
そして、どん底に落ちた時にもまた、夢をあきらめないこと。
自分を受け入れ、新たな方法で道を切り開くこと。弱点を受け入れ、それを、誰にも負けない強みに変えること。
5パーセントの視界の中で100%のフルパワーで生きる彼がその全部を教えてくれた。


 https://www.youtube.com/watch?v=17yW2wdo1-o

▼Information
『5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜』
1月13日(土)、新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかにてロードショー

原作:MEIN BLIND DATE MIT DEM LEBEN/サリヤ・カハヴァッテ
監督:マルク・ローテムント
出演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ、ヨハン・フォン・ビューロー、ニラム・ファルーク、アレクサンダー・ヘルト、キダ・コドル・ラマダン、シルヴァナ・クラパチほか
配給:キノフィルムズ/木下グループ
公式HP:http://5p-kiseki.com 

 

(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved

2.『パディントン2』

第1作が出版された60年前から、世界40カ国以上で愛され続けるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズの実写映画化第2弾。
ペルーの奥地からはるばるイギリスのロンドンへやってきた、ブルーのダッフルコートと真っ赤な帽子がトレードマークの小さな熊のパディントンが主役だ。
イギリスのキャスト陣はさることながら、1に引き続き、日本語吹き替え版のキャストもまた個性豊かで、どちらで観ても楽しめる。
街並みやブラウン家のお部屋、洋服などその世界観も見どころのひとつ。

親切なブラウン一家とウィンザーガーデンで幸せに暮らし、今では街の人気者のパディントン。もうすぐ、ペルーに住む大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日。自分を育て、ロンドンへ送り出してくれた大切なおばさんへのプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でロンドンの街を再現した飛び出す絵本を見つける。
ロンドンにつれていくことはできないけど、これならロンドンの街並みを見せられる! 絵本を買うためパディントンは人生初めてのアルバイトに精を出していた。しかしある日、その絵本が何者かに盗まれてしまい、なんと、警察の手違いでパディントンが逮捕されてしまう…。

逆境こそ立ち向かう意味がある。
本当に手にしたいもの、守りたいもの、この手で抱きしめたいものがあるなら。
小さな熊が教えてくれたのは、人と生きる人生の豊かな楽しみ方だった。
他の誰にも真似できないやり方で、出会う人々と絆を紡いでいく姿。
自分の持っているものや個性を活かして、新しい道を切り開いていく姿。
その素直さと優しいアイデアには、自然と心を動かされる。

パディントンだけじゃない。ユーモアいっぱいの家族、新しい仲間、時には悪党さえも。出てくるキャラクター全員を好きになってしまう映画だった。
その素晴らしさを久しぶりに感じた。
悲しい、の涙じゃなくて、嬉しくて、愛らしくて思わず泣いてしまうような。そんな瞬間がたくさんあった。
もちろん、主人公の奮闘を阻む悪いやつも、見た目が怖いやつも、喧嘩したら絶対に勝てっこない強いやつも出てくるけれど、でも、誰一人本当に憎めるキャラクターはいない。
最後には、みんなみんな愛おしい。
それは、物語の力、物語に流れる人の力だ。


 https://www.youtube.com/watch?v=gXdg-6XuA4Q

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy