ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職質のプロ「自ら隊」パトカーで私語がない理由

職質のプロ「自ら隊」パトカーで私語がない理由

自動車警ら隊は、警察署の管轄区域をこえてパトロールをしています。警察内部では「自ら隊」などと読んでいます。自ら隊は犯罪の芽を見つけ出して検挙することが任務。いわば職質のプロといえます。そんな自ら隊のパトカー内部では、どんな会話が交わされているのでしょうか?

自ら隊のパトカーは所轄とも違う

交通機動隊のパトカーが主に車などの違反を取り締まるのに対して、自ら隊は街中を巡回して不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務。交通違反も取り締まる事がありますが、凶悪事件が起こるのを未然に防ぐために、キップを切ったあとも車内を捜索したりもするのです。

自ら隊のパトカーは赤色灯の下に白い箱が付いていることが、交通機動隊のパトカーとの違いです。駐車時にその赤色灯を上に伸ばし、通行する車や人に目立つようにします。交通整理や不審物の捜査を行う警ら隊ならではの装備でしょう。

自ら隊のパトカーはトヨタのクラウンが大部分を占めています。最近はスバルのレガシィがよく見られるようになってきました。また、同じ白い箱が乗っているパトカーでも、自ら隊と所轄警察署の警らとでも大きく違っています。

自ら隊のパトカー内は私語がない

所轄警察署とは、その地域を管轄している警察署のこと。一方の自ら隊は、警察署の管轄を越えて県内全域で活動できます。そして、自ら隊のパトカーは常に周囲に目を配っているので、車内の私語はありません。

乗務中は犯罪の芽を見つけ出して検挙するという、攻撃的な姿勢でいるからです。対して、所轄の警らは管轄内を巡回しているだけ。犯罪が起こっていたら対処する受け身の姿勢なので、自ずと車内の緊張感も違ってくるわけです。

さらに、自ら隊のパトカーが攻撃的になるのが夜間。自ら隊のパトカーは昼間、後輩が運転して車長が周囲を警戒。夜は交代します。不審者の出没や犯罪は夜間に多発するので、車長が運転した方がすぐに対応できるからです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。