ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペトロールズ・長岡亮介「初バンド名は“ししゃも”」

ペトロールズ・長岡亮介「初バンド名は“ししゃも”」
J-WAVEで放送中の番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。1月13日(土)のオンエアでは、ペトロールズ・長岡亮介さんがゲストに登場しました。

父親が趣味でブルーグラスをやっていたこともあり、幼い頃から長岡さんの周りにはいろいろな音楽が流れていたそうです。自ら音楽を始めたのは、中学入学時の選択授業でギタークラブに入ったことだそうで、「ギターだったら家にあるし練習もできるかな」(長岡さん、以下同)という軽い気持ちだったと話します。

その後、仲のいい友達でバンドを組み、流行っていた曲を演奏していた長岡さん。初めて組んだバンドの名前は人気ガールズバンド「SHISHAMO」と同じ「ししゃも」だったそう! 「ししゃも」のボーカルは生徒会長が務め、コピーの曲から徐々にオリジナル曲を作っていったそう。

「その頃は、ジャッキー吉川とブルー・コメッツとかやってました。GS(グループサウンズ)が好きだったので。あと、山本リンダさんもやってましたね」

現在プロとして活躍する長岡さんですが、「バンドを真剣にやろうと深く思ったことはなくて、ずっと音楽を続けていたら、いつの間にか今のかたちになっていた」と話します。

「椎名純平さんのバックでギターを弾いていたんです。彼がメジャーデビューする時ですごく忙しかったから、『このままでいいだろう』って感じで就職せず生きてきてしまいました」

ペトロールズというバンド名は、長岡さんが車好きということもあり、ガソリンを意味する「ペトロール」からきているのだとか。テクニックやクオリティが高く評価されているペトロールズが、バンドらしさを感じられたのは結成して5〜6年経ってからだったそうで…。

「エレキギターとエレキベースとドラムのトリオだと、ロック系が多いじゃないですか。最初は意識しないまでも、そっちの方向に音がいってたんです。でも、『ホロウェイ』って曲ができた時に、『こういうことしてもいいんだ』って気持ちになりました」と語りました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAPPORO BEER OTOAJITO」
放送日時:毎週土曜18時−18時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。