ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真野恵里菜、松浦亜弥からもらった驚きの手紙とは?

真野恵里菜、松浦亜弥からもらった驚きの手紙とは?
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」。金曜の夜を豪華ナビゲーター陣が週替わりでお届けしています。1月12日(金)のオンエアでは、女優・真野恵里菜が登場! 先日、成人式が行われたということで、「大人」をテーマにお送りしました。

現在26歳の真野は、20歳の頃の自分自身について「すごく頼りなかった」と振り返ります。「ハロー! プロジェクト時代だった。(中略)今のハロプロの子たちを見ると、すごくしっかりしてて。もちろんパフォーマンスもですし、普段のしゃべり方とかも『こんなにテレビの前でちゃんとしゃべれるの』って」(真野、以下同)

また、10代を振り返り「今は『真野ちゃんドSだ』とか『説教キャラ』だとか、私のファンの中でそういうキャラがつけられているんですけど、デビューした頃は素朴な感じだったんですよ(笑)」と、現在との違いを明かしました。

そんな真野が大人になるために努力したことは「怒らない」「感情的にならない」。「悲しいことは表現していいと思うんですけど、うまくいかなかった時に、八つ当たりしちゃうのは子どもだな」と話し、自分の感情をきちんと整理し、言葉遣いに気をつけて話すことを心がけているのだとか。「我慢することも大人なのかなと思う」と、“大人らしさ”について、しっかりとした持論を述べました。

芸能人の中で、真野が思う“憧れの大人”は、ハロプロの先輩でもある松浦亜弥さん。「そもそもアイドルとして憧れですし、事務所に入ってお会いした時にすごくステキな方で」

当時、たくさんいる研修生の中の1人だった真野の名前をしっかり覚えてくれて、会うと声をかけてくれたそう。真野がデビューする時には手紙をくれたそうなのですが、「封筒を開けたら、ほっぺグルグルとか鼻毛とかが描いてあるのが届いて(笑)。お茶目だなって思いました(笑)」と、微笑ましいエピソードを明かしました。

しっかりした面と親しみやすいかわいらしい面の両方を兼ね備えているのも、ステキな大人の条件かもしれませんね!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:毎週金曜 20時−22時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。