ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

至近距離に突如毒ヘビが出現!?ドライバーが運転中の恐怖体験を告白

至近距離に突如毒ヘビが出現!?ドライバーが運転中の恐怖体験を告白

オーストラリアの男性が仕事帰りの車中、窓際に毒ヘビがいるのを発見するという何とも恐ろしい体験をした。

1月10日、ニューサウスウェールズ州南海岸をクルマで走っていたテッド・オジェさんは、窓際に腹の赤い黒ヘビがはっていることに気づいた。ボンネットの方から現れたヘビは、ドアミラーに巻きつき、自分の方を見て威嚇しているようだったという。

オジェさんはABC(オーストラリア放送協会)に対し、「ボンネットの下のエンジンルームから出てきたようです。あそこは暖かかったでしょうからね」と話している。さらに、ヘビは車内に入れてほしそうに窓をトントンとたたいたそうだ。

クルマを脇に寄せたオジェさんは、同僚のカイ・ピアースさんに電話で相談。その後現場に駆けつけたピアースさんが、ヘビをほうきで振り払った。オジェさんの勤務先の自動車部品店がこの時の写真をFacebookに投稿している。

Well poor Ted had an experience today driving back from Eden. He had a visitor on his car. I would have jumped out the…
Posted by Nolans Auto Parts & Industrial Supplies on Tuesday, January 9, 2018

「ちょうどピックアップの荷台にほうきがあったので、ヘビをクルマから無事払って、道路脇の林の中へ追いやることができました」とピアースさんはABCに話している。

2人の話によれば、この全長2.5mほどのヘビは暖かい寝床を探していただけなのかもしれない。

ピアースさんは、「昨晩の南海岸はちょっと涼しかったから、ヘビはクルマのエンジンルームに入り込み、エンジンの上に載って暖を取っていたんだと思います。そして今日、テッドがそのクルマでイーデンまで行ったので、エンジンルームにいるのが暑くなり、外に出たくなったのでしょう」と推測している。

しかしオジェさんは、クルマで走行中にそのヘビよりも恐ろしい”乗客”に遭遇したことがあるという。「(今回は)車内にクモが出た時ほど怖くはありませんでした。クモが苦手なんです。でも、ヘビも苦手ですね」

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

マーゴット・ロビー、ハネムーン中に起きた驚きのエピソードを披露
メーガン・マークル、エリザベス女王にユニークなプレゼントを贈って笑いを誘う
北米を襲う大寒波、カナダの動物園ではペンギンが屋内に避難
思わず笑みがこぼれると話題の俳優サム・ニールの写真がこちら
寒波でナイアガラの滝が一変、氷の世界に

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy