ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』 ライナー・ホルツェマー監督インタビュー

DRIES_main

アントワープ王立芸術学院を卒業した通称“アントワープの6人”の1人として、1980年代からファッション業界で大きな注目を浴びてきた孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン。今もなお、大企業に買収されることなく、広告も一切なしに、自己資金のみで服作りに真摯に向き合う彼の作品は、世界中のファッションアイコンやセレブリティたちからこよなく愛されている。

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は、これまで密着取材を一切断ってきたという彼にフォーカスした初のドキュメンタリー。2014年9月にパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、2016年1月にオペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間を追った貴重な作品だ。3年を費やしてドリスを説得したという、ミュンヘン在住のライナー・ホルツェマー監督にインタビューを行い、ドリスと過ごした日々について聞いた。

——ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリーを製作する許可を得るまでに3年を要したそうですね。これまでは密着取材を断ってきたという彼を、監督はどのように説得したのでしょうか?

ライナー「ドリスと僕の間には、最初からコネクションが感じられたんだ。僕らは互いをリスペクトしていた。彼は僕の作品を観て気に入ってくれたし、僕は彼の作品に感心していた。でも、『ドリス、もし僕が君と君の作品についてのドキュメンタリーを製作したいと言ったら、どう思う?』と聞いたら、『僕はカメラの前に立つのが得意ではないし、正直言って撮影はされたくない』と言われたんだ。『すごく忙しいし、仕事に集中したい。もし撮影が入ったら気が散るし、デザインに集中することができなくなる』という説明だった。それと同時に、映画を観てもらうとわかるように、ドリスは完璧主義者で、すべてを自分でコントロールしたいタイプなんだ。彼自身もそれを認識しているから、ドキュメンタリーの製作は難しいと思ったらしい。そこで僕は、ドリスの中にあるそういった恐怖心を打ち破るべく、3年かけて自分が本当に興味を持っているということを示した」

——なるほど。

ライナー「彼はいつも『今はドキュメンタリーを作るべき時ではない、忙しすぎる』と言っていたのだが、決して『ノー』とは言わなかった。説得できるきっかけとなったのは、2014/15のシーズンにパリで行ったファッションショーだと思う。僕は彼に『もし少しでも映画を製作したいと思っているのなら、人生における大きな瞬間、つまりはこのショーを収録した方が、君にとっても幸せなのではないかな?』と伝えたんだ。そして、あのショーを撮影してテスト版を製作し、彼が気にいるかどうか試すことを提案した。僕の仕事ぶりを見てもらうことが非常に重要だと思ったからね」

——それがうまくいったわけですね。

ライナー「撮影中、僕は自分の存在感を感じさせないよう、彼らの日々の仕事を邪魔しないように努めた。4日間の撮影で僕の慎重な仕事ぶりを見てもらい、ドリスを説得することができたんだ。それに、彼は僕の作品やアプローチを気に入ってくれた。僕はファッション業界の人間ではないし、ファッション専門のフィルムメーカーでもない。ファッションのグラマラスな側面に興味はないんだ。僕にとって、本当に興味があるのは人となりと彼のアーティスティックなアプローチだけ。最終的に、そのことも重要な要因となった」

——ドリスを説得するにあたって、手紙を書いたという話は本当ですか?

ライナー「僕は手紙やメールを書いて、彼はとても私的な手書きの手紙で返事を送ってくれた。僕にとって、それは良い意味でとても感動的だったんだ。僕はオールドスクールな手法が好きでね。手紙は彼のイニシャル入りの美しい便箋に書かれていた。僕らの会話はそのようにして始まったんだ。ドリスは僕が彼についての映画を撮りたいということを光栄に思ってくれて、『忙しいから今は無理だけれど、もしかしたら将来的には……』という返事だった。そして、それが僕のモチベーションとなった。それに、彼と仕事をしている人たちから、普段だったらドリスは密着取材のオファーをすぐに断ると聞いていた。でも、僕には『ノー』とは言わず、『もしかしたら、いつか』と言ったんだ。その『もしかしたら』に3年かかったんだけどね」

DRIES_sub1

——監督がおっしゃったように、映画を観るとドリスが完璧主義者だということがよくわかります。監督はそんな彼の自宅にまで潜入して、プライベートな生活の撮影にも成功していますね。

ライナー「僕はとても慎重に撮影するんだ。最初はあまり近寄り過ぎず、カメラも自分自身で回すことにしている。それと同時に、僕は自分自身の仕事のルールで撮影することも大切にしている。撮影するときは丸一日を一緒に過ごすんだ。朝から晩まで、すべてのミーティングを最初から最後まで撮影する。そうしていると、人は僕の存在を忘れてくれるんだよ。それが唯一の方法なんだ。ドリスは本作を製作すると決断した時に、すべては彼の人生における大切なエレメントだから、そのすべてをどうにか映画に収める方法を探す必要があると話してくれた。一歩ずつ進めていき、初めてカメラが自宅に通されるまでは時間がかかったよ。実は彼に初めて会ったのは、写真家ユルゲン・テラーのドキュメンタリー『Juergen Teller』の撮影中だったのだが、当時は庭にしか入れてもらえなかった。ユルゲンでさえ、家には入れてもらえなかったんだよ。ドリスとパトリックにとって、自宅はとても大切なプライベートなスペースで、公にはしたくなかったんだ。でも、今回は違った。僕は彼がプライベートな部分もカメラに見せたいと思っていることを、すぐに感じ取った。ただし、最適なタイミングを待つ必要があって、彼はリラックスできた時に僕を招待してくれたんだ」

——それであのような映像が撮れたのですね。

ライナー「それと同時に彼は完璧主義だから、撮影前に家を整えていたみたいだよ(笑)。彼らは当初、家の中が混沌として見えるのではないか、散らかって見えるのではないかと心配していたようだ。それはスタジオでも同じだった。最初の頃は撮影に行くとすべてが整理整頓されていて、テーブルもきれいだし、人が働いているスタジオに見えなかったんだ!後になって、実は撮影が入る日は掃除をして、整理整頓していたのだと教えてくれた(笑)。映画はほとんど時系列に撮影しているから、前半はテーブルの上に何もないのだけれど、終盤は仕事が忙しくて片付ける時間がなくなっていくのがわかるよ。その方が彼らもリラックスしていて、より自然なんだ。インターネットに上がっているようなドリスの動画に比べて、僕はもっとリアリティーをとらえることができたように思う」

1 2 3 4 5 6次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。