体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベルギー人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本を一言で表すと“別世界”。いつかは、日本でメイクアップアーティストとして活躍したい!」

ベルギー人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本を一言で表すと“別世界”。いつかは、日本でメイクアップアーティストとして活躍したい!」 virginie01

外国人から「日本で働く・暮らす」って、実のところ、どのように見られているのでしょうか?そこで、フロムエーしよでは、さまざまな外国の方から見た日本をご紹介していきます。第8弾は、ベルギー出身の「Virginie(ヴァージニー)」さんです。


当時はお金が本当に必要で、運送会社の夜間シフトをやっていました。

――あなたが日本で経験したバイトはどういったものでしたか?

大手の配送会社で働いていました。

勤務地は東京郊外の八王子近くで、仕事は配送先ごとの冷蔵倉庫に貨物を置くことでした。

夜間シフト(週4日間、夜11時から午前6時まで)だったので、賃金が高いというのがちょっとしたメリットでしたね。時給はだいたい1,250円くらいかな。

仕事自体は難しくなかったけれど、すごく体力を必要としました。

長時間、冷蔵倉庫の狭い部屋の中で働くのは、お世辞にも快適とは言えませんからね。

とりあえず最初の2ヶ月間の契約だけサインすることにしました。当時は本当にお金が必要だったんです。

――当時の上司や同僚はどんな存在でしたか?

上司はほとんどが日本人男性で、私の知る限り、みなさんいい人でした。

同僚はほとんどがベトナム人で、かなりのレベルの日本語が話せました。

私は語学学校に通い始めたばかりだったので、自分から話をすることはほとんどありませんでした。

当時はコミュニケーション自体がほとんどなかったので、同僚との間でトラブルになったり対立したりということにはなりませんでした。

「人脈作り」が天職を見つけるためのコツ!

virginie02

――ご自身の国で10代後半~20代前半の就業意識・キャリアプランはどういったものですか?

ベルギーでは、大学やカレッジ入学時点で、自分が何になりたいかきちっと決めている人はほとんどいないように思います。

もちろん決めている人もいますが、大半の人はいくつかの分野の授業を受けてみて、自分が本当に好きなものは何か、自分が目指すものが何かを見つけるのが一般的です。

今のベルギーで「理想のキャリアプラン」という考え方はあまり一般的ではないですね。自分が選ぶ分野の仕事に保証があるわけじゃないので、若者はどんな仕事でも試してみようとしますし。

――「天職が見つからない。やりたいことが見つからない。」という悩みにどんなアドバイスをしますか?

興味ある分野の人たちとつながるようにアドバイスしたいです。

誰に対しても言えることですが、人脈作りは一番の秘訣です!

それから、いつも自分の履歴書は最新の状態にしておいて、有利なポイントを中心に履歴書を記載することも大事ですね。

ゆくゆくは日本で自分のお店を持ちたい!

virginie03

――あなたの3年後、5年後、10年後のキャリアプランを教えてください。

3年以内に今通っている日本語語学学校を卒業し、JLPT(日本語能力試験)N2に合格して、ヘアメイクを教えてくれる大学とか専門学校を見つけたい!

そこを5年以内に卒業し、有名店でヘアーメイクアップアーティストとして働いて、自分のプライベート製品を作り始めたいと思っています。

ゆくゆくは、日本で自分のお店を持ってヘアーメイクアップアーティストとして働けるようになりたいです!

――日本で暮らして、驚いたこと/好きなところ/嫌いなところを教えてください。

ここに移ってきて特に驚いたということはありませんでしたね。

事前にかなりの時間をかけて日本について調べたり、生活状況について読んできましたから。

困るのは果物や野菜の値段。健康的な食品を食べようとすると、学生にとっては少し値が張ります。

好きなところは、日本人のフレンドリーさ。

知らない人にも外国人にも、が誰であろうとも分け隔てなく、フレンドリーに接してくれます。

日本人は「アウトサイダー(=外国人)」が自分たちの国や文化に興味を持つと、すごく喜んでいるように見えます。

virginie05

――日本にも取り入れて欲しい・理解して欲しいあなたの国の文化・慣習を教えてください。

「迷惑と感じた時に、相手に迷惑だと伝えるのは失礼なことじゃない!」というのを日本の人たちに理解してもらいたいです。

そういう時は、お互いに話し合って解決策を出すことです。もちろん礼儀正しくフレンドリーな態度でですが。

―― 日本を一言でいうなら何と表現しますか?

「おもしろい」や「別世界」、「素晴らしい」かな。

日本の文化と私の育った文化とがあまりにも違う、というのが私が日本に来てみたいと思った理由の1つなんです。

常に刺激的な何かが起きたり、新しい学びがあったり、行ってみたい場所がいくつもあります!

さっきも言った通り、日本の人たちは大多数がすごく親切ですし、外国人を助ける親切さもあります。

日本の人たちは「アウトサイダー」が自分たちの国や文化に興味を持つと、すごく喜んでいるように見えますね。

―― 日本人は恋愛対象として魅力がありますか?

はい、日本の男性は魅力的だと思いますよ。

もし私の好みの人と出会いがあれば、日本人男性と恋愛関係になりたいです。

日本では正式な恋愛関係になるまでに長い間デートしますよね?

ヨーロッパとはまるっきり逆です。

関係を深める前に相手のことを本当によく知るという日本式の恋愛は、すごく良いことだと思います。 ■プロフィール:Virginie Kieken (ヴァージニー・キエケン)

29歳女性、ベルギー出身

大学で芸術史を1年学び、さらには理美容を学ぶ。大学終了後にロンドンに移り、サンドイッチ店で働き始め、アシスタントマネージャーとなり、同時にメイクアップのコースを履修。以後、週末にメイクアップアーティストをしながら、サンドイッチ店にも勤務。来日後は、語学学校に通うためコールセンターに勤務。

関連記事リンク(外部サイト)

トルコ人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本には勤勉なスペシャリストがすでに大勢いる。外国人が活躍するなら相当の準備と覚悟が必要」
イギリス人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本人は出身国によって偏った思い込みをしがちかも。もっと海外の文化を勉強してほしい」
俳優、志尊 淳インタビュー「いい子をやめたら、仕事がもっとおもしろくなった」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。