ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人見知りのママでも大丈夫? 赤ちゃんを連れてはじめての支援センターにドキドキ

f:id:akasuguope01:20170918151004j:plain

一人目の子がうまれた時、当たり前ですが、育児のなにもかもが初めての経験だったので、育児雑誌などをかなり参考にしていました。

私が読んでいた雑誌では、生後3ヶ月頃から「子育て支援センターや児童館などで、同じくらいの赤ちゃんのお友達と触れあわせると良い」などと書かれていました。

でも、生後3ヶ月では、ハイハイして動くことはもちろん、オモチャに自分から手を伸ばしてつかんで遊ぶようなこともまだできないし、支援センターに行って赤ちゃんが本当に楽しめるのかな……と私は疑問でした。

そもそも、私自身が人見知りなので、行ってみたこともない場所に一人で赤ちゃんを連れて行く勇気が出なかったのです。

あと、家の周囲の徒歩圏内には支援センターや児童館はなく、車やバスで行かなくてはならない距離だったのも、なかなか足が向かない原因でした。

そんな私がようやく初めて支援センターに行ったのは、子供が生後5ヶ月の頃でした。

保健センターの0歳児育児相談会などで知り合った方たちに「一緒に行こう」と誘ってもらえたのです。 関連記事:「 育児って孤独だな」と思っていた私を救ってくれた子育て支援センター

実際に支援センターに行ってみると、自分たちのようにグループで来ている人たちもいましたが、一人で子供を連れて来ている人もいて、「一人で来ても肩身が狭いことはないんだな」と分かり、かなり安心しました。

おもちゃは木や布でできたものが多く、家にないものがほとんどなので、子供にとっても新鮮で良い気分転換になりました。

それからは、子供がハイハイやつかまり立ちで動けるようになってからは、一人でも支援センターに行くようになりました。その頃にはお昼寝をしない時間が増えてきて、一日家にいるのでは間が持たなくなり、ほとんど毎日、午前中にはどこかに出かけるようになったのです。

支援センターには、友達と一緒に行くこともありましたが、一人で子供を連れて行ったときには、家にいるときよりもじっくりと子供と向き合って遊べた気がします。家の中だとどうしても家事などが気になってしまい、片手間に子供の相手をしがちでしたが、支援センターでは、一人で行くと、子供と遊ぶことに集中できるので良かったです。

また、私のような人見知りでも、子供同士がお互いに興味を持ったり、同じオモチャを触ろうとするので、それをきっかけに相手のママに挨拶して会話したりすることも増えていきました。

2歳になる前くらいまでは、行く場所に困ったら支援センター、というくらいかなりお世話になりました。今振り返ると、支援センターに行くことをあんなに不安に思うことなどなかったのになと思います。 関連記事:思い切って行ってみて良かった!地区の子供支援センターデビュー

f:id:akasuguope01:20170918102722j:plain

著者:koge

年齢:36歳

子どもの年齢:4歳、0歳4ヶ月

幼稚園年中の長女と生後4ヶ月の次女の二人の育児に奮闘中。長女一人だった時とは違い、子ども一人ずつに向き合う時間がうまく取れないのが悩ましい所。子どもの前ではなるべく笑顔でいたいなと思いつつも、忙しくてイライラして、長女をつい叱ってしまい自己嫌悪に陥ることも多々あります。子育てって理想通りにはなかなかいかないものですね。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子連れの長距離ドライブは思った以上にストレスだった!? 帰宅後の発熱で反省
子連れに嬉しいサービスがいっぱい!ママ友とのランチは、カラオケ店がおすすめ!
超慎重だった第一子のお出かけ。二人目以降はそうもいかない!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy