ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最近のベビーフードの進化にびっくり!上手に取り入れて正解でした

f:id:akasuguope01:20170913211941j:plain

2人目を出産後、生後5ヶ月になる頃そろそろ離乳食の準備を始めようと考えていました。

そんな時、ベビー用品店にて離乳食グッズを見ていると、1人目の時よりも種類がかなり豊富で、時短アイテムや使い勝手のいいもの、食の安全性にこだわったベビーフードなどかなり選択肢が増えていることに気が付きました。

この頃はもし離乳食でつまずくことがあったら、是非試してみようと思いながら、物色しつつもまだ購入はしませんでした。そして子供が6ヶ月を過ぎた頃、離乳食を始めました。

なるべく手作りで食べさせてあげたいと考えて頑張って調理をしていましたが、慣れない2人育児でバタバタとしてしまい、思うように下ごしらえなど調理時間をうまく作れません。離乳食の回数や食材が増えるにつれて、メニューや味付け、食材に頭を悩ますことが多くなりました。そんな時に以前お店で見ていたベビーフードを思い出し、少しずつ取りいれてみることにしました。 関連記事:手の込んだ離乳食の写真をネットで見るたび落ち込んでしまう…。そんな私の肩の力が抜けた時

離乳食中期頃、使用する味付けとしてかつおだしやお野菜だしなどありますが、その中でも沢山のお野菜を調理して煮出すお野菜だしは作るのにかなり時間がかかり大変な思いをしていました。ですので、このお野菜のだしを市販のものにしてみようと思いました。

私は出来る限り安全安心の食材を使っているかなどや、国産のお野菜にこだわって作っていることなどを気にしながら、使いやすい商品がないか探しました。

そんな時に、自分の理想にかなり近いお野菜だしを新鮮なまま使える商品を見つけた時には心の中でガッツポーズ!!

時短にもなり助かりました。

そして、子供が飽きない様に、食べる事が楽しいと感じてもらえるように、ベビーフードを使用した際は味見をして、味や食感の手作りのヒントを貰ったりもしました。

また外出の際などは、手作りだと衛生面も気になってしまうのでベビーフードを持参するようにし、お家ではなかなか作りづらいメニューなどを選ぶようにしてベビーフードを活用しています。 関連記事:「離乳食は手作りでなければ」というのは自分の思い込み!? 神経質だった私がラクになった理由

体調を崩して食事を用意するのが大変な時なども、ベビーフードがあるととても便利で助かりました。

今はベビーフードもそれぞれの好みやこだわりがあっても選べるくらい種類が豊富なので、上手に取り入れて、忙しいママには少しでも手を抜くようにしたほうがいいと思います。私にはなくてはならないベビー用品の1つとなりました。

今しかない貴重な離乳食期、大変だけれどベビーフードをうまく活用しながら食育しようと思っています。

f:id:akasuguope01:20170913211227j:plain

著者:haru#hima

年齢:35歳

子どもの年齢:5歳、1歳

2人の子供と楽しく忙しい毎日を送っている35歳ママです。二人育児の大変さを実感しつつも、姉弟でじゃれあっている姿を見て微笑ましく思っております。子供たちの笑顔が大好きなマイペース母ちゃんです。最近では、家事・育児をこなしながらお仕事も頑張りたいと思い、生活のバランスについて真剣に考えています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

食事が進まない我が子のやる気スイッチは「かわいい食器とお弁当箱」!
食べたがる姿が始めどきの合図!娘のペースで始めた離乳食
食事のたびに汚しっぷりがひどい!赤ちゃんの食べ散らかしは一口おにぎりで解決!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。