ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』が第 71 回英国アカデミー賞作品賞含む9部門にノミネート

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』が第 71 回英国アカデミー賞作品賞含む9部門にノミネート

 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』が【第 71 回英国アカデミー賞】作品賞含む9部門ノミネートされ、ゲイリー・オールドマン(主演男優賞)と、クリスティン・スコット・トーマス(助演女優賞) から喜びのコメントが到着した。

 本作の主人公は、第二次世界大戦初期に英国の首相に就任したウィンストン・チャーチル。チャーチル没後に公開された戦時内閣の閣議記録によって明らかとなった実話をもとに、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間を描く感動の歴史エンタテインメントだ。

 ウィンストン・チャーチルを驚異の変身で熱演したのはゲイリー・オールドマン。本作で、第75回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を獲得しており、第71回英国アカデミー賞でも、主演男優賞にノミネートされている。その他、同作は作品賞、助演女優賞など計9部門にノミネート。オールドマン自らのオファーによってその変身を実現した本作の立役者、辻一弘もメイクアップ&ヘア賞にノミネートを果たしている。映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は2018年3月、ロードショー。

◎ゲイリー・オールドマン コメント
俳優として、今回で3度目のノミネートになりますが、素晴らしいみなさまと共に候補者の一員にしていただき、評価をしていただけて、とても嬉しいです。
ウィンストン・チャーチルを演じることができたのは、私にとって真の名誉でした。

◎クリスティン・スコット・トーマス コメント
ノミネートしていただき、興奮しています。
私が演じた役であるクレメンティーン・チャーチル、この、夫ウィンストンの陰に隠れてしまいがちな素晴らしい女性に、光を当ててくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。また、とても魅力的な助演女優のみなさまと共にノミネートしていただき光栄です。

◎【第 71 回英国アカデミー賞】9部門ノミネート
・作品賞
・英国作品賞
・主演男優賞:ゲイリー・オールドマン
・助演女優賞:クリスティン・スコット・トーマス
・メイクアップ&ヘア賞:辻一弘、デビッド・マリノフスキ、イバナ・プリモラック、ルーシー・シビック
・音楽賞:ダリオ・マリアネッリ
・撮影賞:ブリュノ・デルボネル
・美術賞:サラ・グリーンウッド、ケイティ・スペンサー
・衣装賞:ジャクリーヌ・デュラン

◎公開情報
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
2018年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ゲイリー・オールドマン主演 『シド・アンド・ナンシー 30周年デジタル・リマスター版』予告編&ビジュアル公開
ゲイリー・オールドマンの映画デビュー作『シド・アンド・ナンシー』30周年デジタル・リマスター版で上映
故デヴィッド・ボウイ、2018年にトリビュート・ツアーが開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy