ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カー・シート・ヘッドレスト、カルト的人気を誇る『ツイン・ファンタジー』を再構築&再レコーディング

カー・シート・ヘッドレスト、カルト的人気を誇る『ツイン・ファンタジー』を再構築&再レコーディング

 ウィル・トレドことカー・シート・ヘッドレストが、2011年にBandcampでリリースした『ツイン・ファンタジー』を、“再構築&再レコーディング”し、装いも新たにリリースすることを発表した。合わせて、ウィル自身が監督を務めた「Nervous Young Inhumans」のミュージック・ビデオが公開された。

 17歳の時に曲作りを始め、Bandcampで驚異のダウンロード数を記録したのをきっかけに、メディアやファンの間で話題となり、以降<マタドール>から2枚のアルバムをリリースし、順調にキャリアを築き上げているカー・シート・ヘッドレスト。

 19歳の時に安いノートパソコンで録音した『ツイン・ファンタジー』は、ウィルがセルフ・リリースした作品の中でも、ファンの間でカルト的人気を誇る。ブライアン・イーノは愛情を込めて“失敗した音”だと評しているが、ウィル自身もをいつか『Twin Fantasy』を見直す日が来ると確信し、「アルバムは完成していなかった。去年になってやっと、どうやって完成させればいいのかが分かったんだ」と語っている。ドラムの音を正しく出すためだけに、8か月間をミックスに費やし、昔の自分に戻り、痛みを感じていたあの頃を振り返る作業を繰り返した、単なる取り直しではなく、あの時彼が作りたかった本当の作品、本当の音がここに収録されている。

 CDフォーマットは、新たに再録した“2017 version”のアルバムに加え、2011年当時のオリジナル盤をリマスターしたバージョン「Mirror To Mirror」も収録した2枚組となる。

◎「Nervous Young Inhumans」MV
https://youtu.be/3NPATRzaF00

◎トラックリスト
1. My Boy (Twin Fantasy)
2. Beach Life-In-Death
3. Stop Smoking (We Love You)
4. Sober to Death
5. Nervous Young Inhumans
6. Bodys
7. Cute Thing
8. High to Death
9. Famous Prophets (Stars)
10. Twin Fantasy (Those Boys)

◎リリース情報
『Twin Fantasy + Twin Fantasy (Mirror To Mirror)』
カー・シート・ヘッドレスト
2018/02/16 RELEASE
2,200円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

ヘイゼル・イングリッシュ、3月に初の来日公演を東阪で開催
初来日公演迫る! ジュリアン・ベイカーの最新パフォーマンス映像が公開
シャルロット・ゲンズブール、2018年4月に東京&大阪公演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。