ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実はソロ活動もすごすぎるB’z松本孝弘にフォーカス

実はソロ活動もすごすぎるB’z松本孝弘にフォーカス
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。1月10日(水)は、Licaxxxとのコンビでお送りしました。

ここでは、注目の新譜・いま聴くべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりのトピックスを月曜から木曜までの4日間かけて掘り下げていく「FEATURE TOPICS」のコーナーを紹介します。この週、ピックアップしたアーティストは、B’z!

B’zは、ギター・松本孝弘さん、ボーカル・稲葉浩志さんのロックバンドで、2018年にデビュー30周年となります。音楽界の発展に貢献したアーティストや、音楽関係者をたたえるハリウッド・ロックウォークの殿堂入りを果たすなど、国内外で活躍しています!

2017年は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」にも登場。今までB’zをあまり知らなかったという若い人々も魅了しました。

この日は、ギタリストの松本さんにフォーカス!

松本さんは、1961年大阪府豊中市生まれ。高校入学時にギターを始め、在学中に軽音学部を立ち上げてバンド活動に打ち込みます。Michael Schenker GroupやDeep Purple、Led ZeppelinやSteely Danといったハードロックなどから大きな影響を受け、音楽専門学校を卒業し、音楽レコード会社ビーイングに所属。スタジオミュージシャンとしてキャリアをスタートしました。1985年に小室哲哉さんも在籍していたTM NETWORKのレコーディングやライブに参加し、1988年にはソロアルバム「Thousand Wave」をリリース。同年9月にB’zを結成します。B’z結成後もコンスタントにソロ作品をリリースし、これまでにソロ名義では10枚以上もリリースしているそうです!

そんなギタリスト・松本さんの特徴をあげるときに必ず語られるのが音色。音を聴いただけで誰が弾いているか分かる独特な音色です。作曲家、アレンジャーとしても活躍している松本さんは、サウンドコントロールが抜群に優れていると評価されています。

松本さんは「僕のプレイは、『早弾きがすごいね』なんて誰も言わない。『TAK(松本さん)はトーンだよ』ってみんな言う。それは最高の褒め言葉だと思っています」と語っているとか。この唯一無二のサウンドは「TAKトーン」とも呼ばれています。

2000年代にはさらに活動の幅を広げ、2004年には新プロジェクトTMG(Tak Matsumoto Group)を、MR.BIGのボーカル・Eric Martinと結成。2006年に楽曲提供したKAT-TUNのデビューシングル「Real Face」は年間シングルセールス第1位を記録。2010年にはジャズ・フュージョン界のトップ・ギタリスト・Larry Carltonと共演し、アルバム「TAKE YOUR PICK」をリリースし、2011年の第53回グラミー賞にて「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞。これは日本人としては5人目の快挙となります。

松本さんは2017年にもグラミー賞受賞アーティストのDaniel Hoとコラボレーションしたアルバムをリリースするなど、ギターを追求し、B’z以外の音楽性もソロワークスとして数々の作品を生み出しています。

B’zはもちろん、ギタリストとして世界中を魅了する松本さんの作品にぜひ触れてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。