ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

B'zがブレイクしたきっかけの裏にあの有名女優?

B'zがブレイクしたきっかけの裏にあの有名女優?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。1月8日(月)成人の日のオンエアではemmaとのコンビでお送りしました。

ここでは週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていく「FEATURE TOPICS」のコーナーをご紹介します。今回ピックアップしたのは今年デビュー30周年を迎えるB’z!

ギターの松本孝弘さんとボーカルの稲葉浩志さんによるロック・ユニットで、アルバム通算売上4600万枚以上! という日本歴代1位を誇り、音楽界に貢献したアーティストや音楽関係者を讃えるハリウッド・ロック・ウォークの殿堂入りを果たすなど、世界的に活躍しています。

昨年行われたロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で、B’zのライブを観たというemmaは「やっぱりスゴかったです!」と、改めてその凄さを実感したそう。

今や日本国民の誰もがその名を知るB’zですが、意外にもデビューからブレイクのきっかけを知らないという人も少なくないのでは? 初日の月曜はその秘密に迫りました。

1988年、アルバム「B’z」でデビュー。元々は、TM NETWORKのツアーでサポートギタリストなどを務めていた松本さんと、レコード会社にデモテープを送っていた稲葉さんとでスタートしたのだそうです。最初に目指していたのは“デジタルサウンドとロックサウンドの融合”。そのためボーカルとギター以外はすベて打ち込みで制作されていました。

「当時は手探りだった」と後に本人たちが語っているのですが、セールス的にもあまり振るわず、オリコンチャートの初登場は48位。今のB’zからは考えられないですね。

翌年にリリースしたアルバム「OFF THE LOCK」は全曲シングル曲という目標をかがけて制作したものの、初登場35位という結果に。稲葉さんも当時は作詞にかなり苦労していたそう。

しかし、3枚目にリリースしたミニアルバム「BAD COMMUNICATION」が彼らのターニングポイントとなりました。オリコンチャート最高位は12位。しかも100位以内に163週もランクインするというロングセールスを記録。さらにその後、3年をかけてミリオンを達成します。

この「BAD COMMUNICATION」がヒットした裏側には、ある理由がありました。当時、この曲をレコーディングしていた隣のスタジオで、宮沢りえさん主演のCM曲が制作されており、煮詰まっていたところに松本さんが呼ばれ、この曲を提出。するとなんと採用されることに!

ここから事態が急転。初めて音楽番組に出演するなど、B’zの快進撃がスタートします。次にリリースしたアルバム「BREAK THROUGH」は初のトップ10入り。さらに続くアルバム「RISKY」で初の1位を獲得します。「太陽のKomachi Angel」もシングルとして初のオリコン1位となり、これ以降の作品は現在に到るまで、すべて1位を獲得し、90年代はミリオンセラーを連発しました。

このB’zの歴史に「ずっとブレイクしていると思ってました」と驚いていたemma。生まれた頃にはすでにヒット曲を連発していたので、そう思ってしまいますよね(笑)。

今週は木曜日まで、B’zを特集します。ぜひ続けてお聴きください!

この他、月曜日の大人気コーナー「エマーミュージック」もお届け! 今回はemmaが実家に帰っているときにお気に入りになったナンバーを紹介しました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy