ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エミネム、「クロラセプティック」リミックスで最新ALへの批判にカウンター

エミネム、「クロラセプティック」リミックスで最新ALへの批判にカウンター

 エミネムが2017年12月にリリースした約4年ぶりのニュー・アルバム『リバイバル』は、成熟したともつまらなくなったとも受け取れる内容と“ポップ過ぎる”ゲストの面々に関して激しい批判を引き起こしているが、彼が甘んじて受け入れる筈もなく、それらの否定的な反応へのアンサー・トラックとも言うべきリミックスをドロップした。

 2018年1月8日に公開された「クロラセプティック」の痛烈なリミックスには、オリジナル版でフックをラップしていただけだったフレッシャーの新たなヴァースが入っている他、2チェインズもフィーチャーされている。トラップ・テイストのオリジナルではゆったりと落ち着いたフローを聴かせているエミネムだが、リミックスでは“Rap mature, why can’t you be like Macklemore? Huh?”(成熟したラップ、なんであんたはマックルモアみたいになれないんだ、え?)などとファンの批判を皮肉りながら、自らの思いを畳み掛けるように激しくぶつけている。

 アルバムからの1stシングル「ウォーク・オン・ウォーターfeat.ビヨンセ」へのパッとしない反応について彼は、“前ほどヒリヒリしてないってか、「ウォーク・オン・ウォーター」がダメだってか、クソ野郎が、ざけんじゃねーぞ”と返答。アルバムのフィーチャリング・アーティストへの批判については、“お前らトラック・リストを見て聴く前からかんしゃくを起こしやがった / で、座ったまま腕組みしながら判断しやがった / くだらねえリアクション動画を作ったり、曲について議論しやがった”と辛辣だ。

 彼はまた、昨年10月の【BETヒップホップ・アワード】でトランプ米大統領を批判して賛否両論を引き起こしたフリースタイルにも触れ、“そして俺は自分の立場を明確にして‘日焼け顔’(トランプ大統領)を口撃し、自分のmothafuckin’ファン層を実質的に半減させたけど、まだお前より売れてるぞ。お前最近俺の作品をクソだと言ったな、ありがてえ、俺は分が悪い方がラップが上手くなるんだ」と、再び大統領をディスっている。

 Twitterには、「お前らエミネムを怒らせたな、呆れたぜ。これで満足か?」、「クロラセプティック・リミックスのエミネムのヴァース後の自分の電話」などと燃えるスマホや人物の写真が投稿されるなど、昔の尖ったエミネムが帰ってきたと歓喜するファンのツイートで溢れている。

◎エミネムによる投稿
https://twitter.com/Eminem/status/950486514357678080

関連記事リンク(外部サイト)

コーチェラ2018】ラインアップ発表、ヘッドライナーはビヨンセ/エミネム/ザ・ウィークエンド
【米ビルボード・アルバム・チャート】エミネム8作連続1位の快挙、Gイージー3位デビュー
エミネムの娘ヘイリーが22歳に、鍛え抜かれた美ボディをインスタで披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。