ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『LEGO(R)ムービー』続編の監督、映画『Trolls(原題)』を監督したマイク・ミッチェルに交代
  • 中川大志が憧れのニューヨーク「マーベル・コミックス社」に潜入! 日本初公開の“クリエイティブルーム”も
  • トム・ヨーク、映画『007 スペクター』で不採用だったレディオヘッド版テーマソングを公開
  • 【映画クロスレビュー】超リアルな自然美は圧巻! 「ピクサー作品」という期待がやや邪魔か『アーロと少年』
  • マシュー・マコノヒー、映画『Kubo and the Two Strings(原題)』を自身初のアニメ作品に選んだ理由
  • 【香港フィルマート2016】チャン・ハンユーと福山雅治がジョン・ウー監督の映画『追捕 MANHUNT』に出演へ
  • “サノス”のリアルな表情は「FBIの記録システム」がベースになっていた! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』VFXの秘密に迫る
  • 嵐・二宮の死神に原作者「実写はこの人以外考えられない」 映画『暗殺教室』続編で成宮とも再共演
  • 2014年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞 結果発表(破壊屋ブログ)
  • 『偉大なる、しゅららぼん』で映画初出演! 私立恵比寿中学・柏木ひなたインタビュー
  • 元トップアスリートで夜ごと億単位のギャンブルを仕切る美女……その驚愕の人生とは?『モリーズ・ゲーム』:映画レビュー
  • ShortCuts執筆陣が選ぶ2016年に観た配信作品ベスト5
  • 『GONIN サーガ』石井隆監督&東出昌大さんインタビュー 東出さんの起用は「イノセント」が決め手?
  • ロメロ・オールナイトと『ソウ』シリーズイッキ見“同ソウ会”が同日開催! 東京国際映画祭2017、どっちを観る?[ホラー通信]
  • 織姫・チャドも登場!実写映画『BLEACH』ついに本予告映像解禁!
  • 【動画】ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマン主演の映画『Eddie the Eagle(原題)』の記者取材に押しかける

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】安室奈美恵「Hero」、ダウンロードとストリーミング2冠で総合首位獲得 

【ビルボード】安室奈美恵「Hero」、ダウンロードとストリーミング2冠で総合首位獲得 

 2018年第1週(計測期間:18年1月1日~7日)の“JAPAN HOT100”。前週と同様に年末特番の影響が大きく、特に『第68回NHK紅白歌合戦』出演アーティストによる楽曲の殆どがランク・アップする、ロング・ヒット曲が上位の大半を占める総合チャートとなった。また、シングル・セールス全体が当週は低調となったため、デジタルでポイントを積み上げる楽曲が一層上位にランク・インする展開だった。

 その『紅白』で最も注目され、瞬間最高視聴率48.4%をマークした安室奈美恵「Hero」は、ダウンロード、ストリーミングで1位となり、他指標でも、シングル55位、ルックアップ89位、ラジオ7位、Twitter16位、動画再生87位と高ポイントを積み上げて総合首位を獲得。『紅白』効果によるトップ20チャート・イン楽曲は10曲で、前週から最も大きく順位を上げたのは、竹原ピストル「よー、そこの若いの」(60位→15位)。当楽曲は、ダウンロード11位、ストリーミング16位、ラジオ8位と、『紅白』出演によるインパクトの大きさが良く分かる結果となった。昨年の欅坂46のように、次週以降もこれらの楽曲が順位を守り続けるか、チャート・アクションに注目だ。

 もう一つ、今年の年始効果が見えたのは、テレビ朝日での地上波初放送となった映画『君の名は。』だ。サウンドトラックのRADWIMPS「なんでもないや」(32位)、「スパークル」(35位)、「前前前世」(36位)、「夢灯籠」(98位)と、圏外から4曲がトップ100にランク・インしていて、これはダウンロード・ポイントが牽引、動画再生とTwitterのポイントがそれに続くポイントを積み上げたためだった。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「Hero」安室奈美恵
2位「不協和音」欅坂46
3位「瞬き」back number
4位「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
5位「TT」TWICE
6位「風に吹かれても」欅坂46
7位「インフルエンサー」乃木坂46
8位「打上花火」DAOKO×米津玄師
9位「Reboot」東方神起
10位「あなた」宇多田ヒカル
11位「EXCITE」三浦大知
12位「明日も」SHISHAMO
13位「ともに」WANIMA
14位「ノンフィクション」平井堅
15位「よー、そこの若いの」竹原ピストル
16位「いつかできるから今日できる」乃木坂46
17位「White Love」Hey!Say!JUMP
18位「Family Song」星野源
19位「LIKEY」TWICE
20位「Heart Shaker」TWICE

関連記事リンク(外部サイト)

1月15日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】B.A.P『HANDS UP』が22,528枚を売り上げ、週間シングル・セールス首位
安室奈美恵、最後の『紅白歌合戦』の舞台裏がHuluで独占配信決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。