ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ワンダーウーマン』、続編は「全く新しい冒険になる」とパティ・ジェンキンス監督が明かす

『ワンダーウーマン』、続編は「全く新しい冒険になる」とパティ・ジェンキンス監督が明かす

どうやら『ワンダーウーマン2』では、何らかの新しい展開が期待できそうだ。

2017年公開の前作に引き続き監督を務めるパティ・ジェンキンスがパームスプリングス映画祭に登壇し、エンタメ情報サイト『ET』とのインタビューで続編について「全く新しい冒険になる」と断言した。お馴染みの要素を踏襲しつつも、新しい冒険になるという。

「ファンの皆様に愛されているお馴染みの要素はそのままに、全く新しい作品を制作しています。次回作は単なる『2』ではありません。新しい冒険を描けることはまたとない幸運です」とジェンキンス監督は語る。

ジェンキンス監督が考えるストーリーであれば、きっと面白くなるに違いない。『ワンダーウーマン』はDCエクステンデッド・ユニバースの作品の中でも特に高い評価を得ており、2017年のBox Officeでは3番目の興行成績を挙げた。さらに映画評価サイト『Rotten Tomatoes』では批評家から92パーセント、観客から88パーセントの高得点を得ている。

ジェンキンス監督は前作に続いて主役を務めるガル・ガドットにも太鼓判を押している。ガドットは、エンタメ系情報サイト『EW』とのインタビューで、ワーナーブラザース映画が高額の報酬でジェンキンス監督に続投を依頼し、同監督がこれに承諾していることについて語っている。

ガドットは、「ワーナーブラザースの経営陣は賢明であり、経営陣は監督に感謝を伝えている。誰も監督の功績を奪おうとはしなかった。監督が素晴らしい映画を作ったことは確かだし、監督がそれに見合った報酬を得るのは当然のこと」と語る。

『ワンダーウーマン2』も成功が期待できそうだ。全米での公開は2019年11月1日予定。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

とってもキュート!英シャーロット王女が笑顔で幼稚園に初登園
ブラッド・ピット、『ゲーム・オブ・スローンズ』1話を出演者と一緒に観る権利に約1350万円を入札!?
ブラピが一般人女性に声をかけた際に使った奥の手とは?
2017年の世界の映画興収ランキング1位に『美女と野獣』
ガル・ガドットからマライア・キャリーまで・・・第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式はプレゼンターも超豪華!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。